会社概要 5STORIES グローバルトマトサプライヤー会社概要 5STORIES グローバルトマトサプライヤー

5 STORIES

グローバルトマトサプライヤーへ 挑戦しつづけ、成長しつづけ、「トマトならカゴメ」を世界共通語に。グローバルトマトサプライヤーへ 挑戦しつづけ、成長しつづけ、「トマトならカゴメ」を世界共通語に。

2050年には90億人に達するとも言われる人口の増加に伴い、世界の食糧やトマトの需要も大幅な伸びが予測されています。カゴメはトマトをはじめとした食を通じて、世界が抱える様々な課題の解決に貢献し、世界No.1のグローバルトマトサプライヤーをめざします。

TOPICS1TOPICS1

トマトの新産地形成へポルトガルに研究開発拠点を設置

世界の人口増加に伴い、トマトの消費量拡大が予想されます。これまでのトマトの主要産地以外の育成を主目的のひとつとして、当社はポルトガルに「アグリビジネス研究開発センター」を設置しました。同センターでは現在、多くの人口を擁する西アフリカ地域を視野に入れ、セネガルにてトマト栽培・加工事業に向けた調査を進めています。これらの地域では、トマトペーストが食文化に根付いていますが、多くを輸入に頼っています。カゴメは、現地における栽培技術の向上と、事業モデルの確立によって、現地の農業基盤の整備をめざしています。

TOPICS2TOPICS2

最先端の加工用トマト栽培技術を共同開発

2015年3月より、ビッグデータを活用した海外における最先端の加工用トマト栽培技術の開発に着手しています。具体的には、試験圃場に設置した気象・土壌などの各種センサや人工衛星・ドローンなどから得られるデータと、灌漑・施肥などの営農環境から得られるデータを活用し、トマトの生育状況や気象条件に応じた水・肥料・農薬などの使用量の最適化と収穫量の最大化を達成することで、農業の高付加価値化と環境にやさしい農業の実践をめざしています。

TOPICS3TOPICS3

グローバルフードサービスの取り組み

私たちは、グローバルに活躍する大手フードサービス企業各社と連携し、トマト加工品の提供だけではなく、新商品の開発にも取り組み始めています。また、いっそう高まる「低糖・低塩・低脂肪」ニーズに対して、カゴメは「トマトと野菜の栄養成分、機能性研究」等の成果を活用し、「食による健康」として実現をめざします。さらに、中国をはじめとしたアジア領域や、南米、中東など新しい領域での顧客の開拓や事業機会の獲得にも積極的に取り組みます。

世界の加工用トマト消費量の推移と将来予測

トマトは世界で1億4,000万tの消費量を誇り、最も愛されている野菜です。そのうち加工用トマトの消費量は約4,000万t。その消費量は世界的な人口の増加に伴い需要がさらに拡大し、1年あたり100万tのペースで増えていき、2021年には5,000万tに達すると予測されています。

世界の加工用トマト消費量の推移と将来予測世界の加工用トマト消費量の推移と将来予測
世界のカゴメへ、グローアップ。

カゴメのトマト加工品の歴史は110年以上を誇りますが、グローバルビジネスにおいてはまだ歴史が浅く、数年前に本格的に進出し始めたばかり。しかしながら、既に世界で上位の企業へと成長しています。

トマトケチャップ売上げ 世界第3位トマトケチャップ売上げ 世界第3位
トマト加工品売上げ 世界第3位トマト加工品売上げ 世界第3位

世界中の人たちに、
おいしさと健康をお届けするために。

海外の子会社数は、2005年の2社から、約10年で35社へ。日本で培ってきたノウハウをもとに、世界各地を調査し、最適な栽培地を吟味して、世界中の国々で事業を展開しています。
2017年3月末現在

トマトの特徴にあわせた商品開発。

トマトの品質特性は産地によって大きく異なります。例えば、日本や中国のトマトは酸味が強く、逆にチリやポルトガルでは甘味が強い。こうした産地別での特徴を商品開発に活用できるのも世界中にネットワークがあるカゴメならではの大きな武器です。

加工用トマトの産地と特徴の一例
産地 甘味 酸味 旨み 味のタイプ 主な加工品
日本 酸味型 トマトジュース
チリ 甘味型 ペースト
ポルトガル 甘味型 ペースト
イタリア 旨み型 ホールトマト・ダイストマト
トルコ バランス型 ペースト・ホールトマト・ダイストマト
アメリカ バランス型 ペースト・トマトジュース・トマトケチャップ
海外の原料生産国、子会社マップ海外の原料生産国、子会社マップ
アメリカ
  • Since 1998

    Kagome Inc.
    米国での大手レストランチェーン向け業務用トマトソースの製造・販売

  • Since 2007

    Kagome Foods, Inc.
    各種業務用ソースに加え、マーガリンや他の植物油ベースの製品の製造・販売

  • Since 1990

    United Genetics Holding LLC
    グローバルにトマト、野菜およびフルーツの種子開発・生産・販売

  • Since 1993

    Ingomar Packing Company,LLC
    トマトペースト・ダイストマトの製造・販売

中国
  • Since 2013

    Kagome (Tianjin)
    Food Industry Co., Ltd.

    フィルム容器入り調味料の製造・販売

  • Since 2014

    Kagome Hong Kong Co., Ltd.
    飲料の輸入販売

台湾
  • Since 1967

    Taiwan Kagome Co., Ltd.
    調味料および飲料の製造・販売

オーストラリア
  • Since 2010

    Kagome Australia Pty Ltd.
    加工用トマトの生産およびトマト加工品の製造・販売

トルコ
  • Since 1987

    United Genetics
    Turkey Tohum Fide A.S.

    種子の生産・販売、および育苗事業

ポルトガル
  • Since 2016

    KAGOME AGRI-BUSINESS
    RESEARCH AND
    DEVELOPMENT
    CENTER, UNIPESSOAL LDA

    農業を中心とした研究開発活動バリューチェーンにおける新事業開発

  • Since 2007

    Holding da Industria Transformadora
    do Tomate, SGPS S.A.

    トマトペーストやピザソース等のトマト加工品の製造・販売

イタリア
  • Since 2003

    Vegitalia S.p.A.
    契約農家と共同で育てた地中海野菜の加工・冷凍・販売

マレーシア
  • Since 2014

    Kagome Longson Sdv. Bhd.
    ハラル対応業務用調味料の販売