ニュースリリース ニュースリリース

赤ピーマンにHDL -コレステロールを上昇させる作用を確認 ~メタボリックシンドロームの予防に期待~

2006年9月14日

 
 カゴメ株式会社総合研究所(栃木県那須塩原市)は、血中脂質に対する赤ピーマンの効果について検討を行ない、ヒトでの評価において赤ピーマンの摂取が善玉コレステロールと言われているHDL-コレステロールを上昇させることを明らかにしました。本研究内容は、アメリカ化学学会 第232回国際会議(9月10〜14日、米国サンフランシスコ)*において発表致しました。

*American Chemical Society 232nd National Meeting & Exposition September 10-14, 2006 San Francisco, CA , U.S.A.
■研究者のコメント
 赤ピーマンはさまざまな栄養成分を含んでおり、生活習慣病予防などの生理作用が期待できますが、それらの研究はあまり行なわれておりません。そこで、血中脂質に対する影響を調査しましたところ、HDL-コレステロールを上昇させることを見出しました。HDL-コレステロールは善玉コレステロールと言われているように動脈硬化や虚血性心疾患の予防作用が報告されており、赤ピーマンを摂取することで、これらの疾病に罹るリスクを低減させる可能性があると考えます。バランスのとれた食生活に、さらに赤ピーマンを加えた食事をお奨め致します。
■研究の背景
 最近では、ガン、心疾患、脳血管疾患などの生活習慣病で亡くなられる方が約7割に達し、その中でも動脈硬化をはじめとする循環器系疾患は大きな割合を占めております。また血中脂質の悪化(高トリグリセリド血症や低HDL-コレステロール血症)は、最近話題になっているメタボリックシンドロームの診断基準の一つとされており、脂質代謝を改善することの重要性が認識されております。
 野菜は脂質をほとんど含まず、食物繊維のようにコレステロールの上昇を抑制する成分が含まれていることから、循環器系疾患の予防に有効であると言われております。さらに、野菜中に含まれる色素(カロテノイド)は脂質の酸化を抑制し、コレステロール代謝系の酵素阻害によりコレステロールを低下させると言った報告もなされております。
 赤ピーマンは、赤色の色素であるカプサンチンを含み、さらにビタミンCやビタミンEも豊富に含んでおり、様々な生理作用が期待できる素材です。しかし、赤ピーマンの生理作用に関する研究は決して多くはありません。そこで今回は、赤ピーマンの新たな機能を解明する目的で、血中脂質に与える影響について評価を行ないました。
■研究概要
≪目的≫
 赤ピーマンの新たな生理作用を解明する目的で、今回は血中脂質に対する影響を検討致しました。すなわち、赤ピーマンを摂取することで、血中の総コレステロール濃度やHDL-コレステロール濃度にどのような影響を与えるか評価を致しました。

≪内容≫
  実験動物(ラット)に、赤ピーマンおよび精製したカプサンチンを含む飼料を2週間自由摂取させ、その後の血中の脂質(総コレステロール、トリグリセリド、HDL-コレステロールなど)の分析を行いました。その結果、赤ピーマンの摂取、特にカプサンチンを摂取することで、HDL-コレステロールが上昇することを確認致しました。
 さらに、赤ピーマンジュースを健常な成人男性9名(26-35歳)に1日に320g(2缶)、2週間継続して飲用して頂きました。赤ピーマンジュースを飲用する前(前観察期間)、赤ピーマンジュースを2週間飲用した後(摂取期間)、飲用を中止して2週間たった後(後観察期間)に採血を実施し、血中の脂質の分析を行ないました。なお本試験は、ヘルシンキ宣言の精神に則り実施致しました。
 その結果、赤ピーマンジュースの摂取は、血中の総コレステロール濃度、トリグリセライド濃度には影響を与えず(図1、図2)、HDL-コレステロール濃度を25%程度上昇させました(図3)。そして、動脈硬化指数を有意に低下させました(図4)。
 HDL-コレステロールは、血管壁に蓄積したコレステロールを除去すると言われており、HDL-コレステロールが低いことはメタボリックシンドロームのリスク因子とされております。しかも近年、中高齢者において、HDL-コレステロールが低い方の割合が増えているとの報告があります(図5)。
赤ピーマンの摂取は、低下したHDL-コレステロールを上昇させることで、メタボリックシンドロームの予防に有効であり、虚血性心疾患をはじめとする循環器系疾患の予防効果が期待できると考えます。
用語の説明
メタボリックシンドローム:
 内臓に脂肪が溜まり、脳卒中や心筋梗塞などの疾病になりやすい状態を示します。内臓脂肪の蓄積がもとで、高脂血症や糖尿病、高血圧などのさまざまな疾患をあわせもつ状態です。厚生労働省の調査では、メタボリックシンドロームとその予備軍が、中高年世代で2000万人近いことが報告されております。

メタボリックシンドロームの診断基準
(1) 腹囲(ウエストサイズ):男性85cm以上、女性90cm以上
(2) 血圧:上が130mmHg以上または下が85mmHg以上
(3) 血糖値:空腹時血糖値110mg以上(1dl当たり)
(4) 血中脂質:中性脂肪150mg以上(1dl当たり)
    またはHDL-コレステロールが40mg未満(1dl当たり)

(1)に加え、(2)〜(4)のうち2項目以上に該当する場合(治療薬を服用している場合を含む)

HDL-コレステロール:
 高密度リポタンパク質コレステロールのことです。血管抹消のコレステロールを回収する働きがあり、動脈硬化と逆の相関を示すことから、善玉コレステロールと言われております。中高齢者において、HDL-コレステロールが低い方の割合が増えております(図5)。

カプサンチン:
 赤ピーマンに含まれる赤い色素のことで、カロテノイドの一種です。カロテノイドとは、野菜・果物やカニやエビなどの水産物などに含まれている赤・橙・黄色の脂溶性色素で、現在では600種類以上の存在が知られています。トマトに含まれるリコピン、ニンジンのβ-カロテン、赤ピーマンのカプサンチンが有名です。
 カプサンチンは、分子中に酸素を含み,このようなカロテノイドをキサントフィルと呼び、リコピンやβ-カロテンなどのカロテンとは区別されております。カプサンチンは優れた抗酸化作用を有することから、生活習慣病をはじめとする様々な疾病の予防効果が注目されています。

動脈硬化:
 血管の内側にコレステロールなどの脂肪がたまり血管が狭くなって血液の流れが悪くなったり、動脈の壁が堅くもろくなる状態を言います。一方、HDL-コレステロールが高いと逆に動脈硬化になりにくいと言われております。

虚血性心疾患:
 心臓の周りには心筋に酸素や栄養を送っている冠動脈という血管があります。この血管が動脈硬化で狭くなり心筋に酸素不足が起こる狭心症、完全に詰まって心筋の壊死が起きるものが心筋梗塞で、これらを虚血性心疾患と呼んでいます。

動脈硬化指数:
 動脈硬化のリスクを示す指数で、この指数が低いほど動脈硬化へのリスクは低くなると言われております。以下に示す式で表され、総コレステロール濃度が低いほど、またHDL-コレステロール濃度が高いほど、動脈硬化指数は低値を示します。

動脈硬化指数=(総コレステロール)-(HDL-コレステロール)/HDL-コレステロール

 

※本研究の一部は、農林水産省の補助事業である
  ニューフードクリエーション技術研究組合の補助を受けて実施致しました。
 
【資料】 学会発表の要旨
 
Effect of paprika rich in capsanthin on arteriosclerosis
Koichi Aizawa, Takahiro Inakuma (Kagome Co., Ltd.)
 
 Ripe fruits of paprika (Capsicum annuum ) are used widely as vegetables and food additives, which are good sources of carotenoid pigments. Capsanthin, a oxygenated carotenoid (xanthophylls), is the major carotenoid in paprika. Large amounts of xanthophylls, including capsanthin, are distributed to HDL. Thus, dietary xanthophylls seem to participate in the primary defense of HDL, and may be decreased of arteriosclerotic risk factors. So, we investigated paprika, including capsanthin, for their effects on serum lipid profiles related arteriosclerosis in animal and human subjects.
 Rats were fed normal diet for 2 weeks, including paprika powder (containing 28mg capsanthin in 100g diet) or purified capsanthin (28mg in 100g diet). The total cholesterol and triglyceride levels did not change significantly, whereas the HDL-cholesterol level was significantly higher in the purified capsanthin group than in the control group. Secondly, as a preliminary examination, nine volunteers were administered 320g of the paprika juice (7.1mg capsanthin in 100g juice) per day for 2 weeks. The HDL-cholesterol level was increased and atherogenic index was decreased significantly by two weeks ingestion, but total cholesterol and triglyceride levels did not change. The result showed that intake of paprika including capsanthin was thoug ht to contribute to the improvement of arteriosclerosis.
 
【資料】 学会発表の要旨の和訳
 
カプサンチンを豊富に含む赤ピーマンの動脈硬化に対する効果
相澤宏一、稲熊隆博(カゴメ(株)総合研究所)
 
 赤ピーマン(Capsicum annuum)は、生食用として、また食品添加物などの原料としても広く使われているカロテノイド色素を豊富に含む野菜である。赤ピーマンは、含酸素カロテノイド(キサントフィル類)の一つであるカプサンチンを多く含んでいる。一方、カプサンチンなどのキサントフィル類は、高密度リポタンパク(HDL)中に分布していることが知られている。そのため、キサントフィル類を摂取することは、HDLに保護的に作用し、動脈硬化のリスクを下げる可能性を有している。そこで我々は、カプサンチンを豊富に含む赤ピーマンの動脈硬化に関連する血中脂質への影響について、動物とヒトとで評価を行なった。
 ラットに普通の飼料と、それに赤ピーマンの粉末を添加した飼料(カプサンチン含量28mg/100g飼料)および精製したカプサンチンを添加した飼料(カプサンチン含量28mg/100g飼料)を2週間摂取させた。総コレステロールとトリグリセリドの値は顕著な変化は認められなかったが、コントロール群と比較してカプサンチンを含む群のHDLーコレステロールの値は、有意に上昇した。そこで、次に小規模なヒトでの評価を行なった。9人のボランティアに1日に320gの赤ピーマンジュース(カプサンチン含量7.1mg/100g)を2週間継続して飲用してもらった。その結果、総コレステロール、トリグリセリドの値に変化は確認されなかったが、HDLーコレステロールの値は有意に上昇し、動脈硬化指数は有意に低下した。この結果から、カプサンチンを含む赤ピーマンの摂取は、動脈硬化の改善に有効であるものと考えられた。