企業情報トップ> ニュースリリース> 2016年 > <紫外線での肌トラブルが本格化するこの季節>トマトジュースの摂取で紫外線により暗くなった肌の色調の回復が促進される可能性があることを確認<第30回日本カロテノイド研究談話会(2016年6月25日〜26日)で発表>

ニュースリリース

発表年から探す
2016

ニュースリリース

カゴメ株式会社からのニュースリリースです。
掲載された情報は発表当時のものです。価格などは変更される場合があります。

このページを印刷

2016年7月11日 研究

<紫外線での肌トラブルが本格化するこの季節>
トマトジュースの摂取で紫外線により暗くなった肌の色調の
回復が促進される可能性があることを確認
<第30回日本カロテノイド研究談話会(2016年6月25日〜26日)で発表>


カゴメ株式会社(社長:寺田直行、本社:愛知県名古屋市)は、トマトジュースを継続して飲むことで、紫外線を浴びることにより暗くなった肌の色調の回復が早まる可能性があることを、ヒト試験により明らかにしました。


【紫外線を浴びることで生じる肌への影響】

肌は、紫外線を浴びると炎症による赤みを帯び、これは紅斑(こうはん)と呼ばれています。さらに、肌の色調が暗くなりますが、
この程度は特に紫外線の照射1日後までに著しいことが知られています。


■ 本研究の目的

トマトは、リコピンなど強い抗酸化作用をもつ成分を多く含みます。そのため、紫外線を浴びることにより皮膚で発生する活性酸素を消去することで、肌の赤みやその後の色素沈着などの皮膚のダメージを予防・軽減する効果を示すことが期待されています。実際に、海外の研究機関による試験においては、トマトペーストの摂取が、紫外線によって生じる肌の赤みを抑制することが報告されていました。

そこで本研究では、トマトジュース(160 g当たりにリコピンを12 mg含む)と、高リコピントマトジュース(160 g当たりにリコピンを24 mg以上含む)を使用し、肌質の異なる日本人でも同様の効果が見られるかを、肌の赤みと明度とを指標に検証しました。

結果

今回の試験では、海外の先行研究から期待された、紫外線を浴びることで生じる肌の赤みをトマトジュースの摂取が
抑制する効果は認められませんでした。
一方で、紫外線照射後に低下した明度の改善が確認されたことから、トマトジュースの継続飲用(12週間)は、
紫外線により暗くなった肌の色調の回復を早める可能性があると考えられました。
本効果の有効成分については、今後検討して参ります。


⇒ 詳しくは、こちらをご覧下さい。

 

このページのトップ

サイト内検索
  • ご利用ガイド
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • コミュニティガイドライン
  • サイトマップ
  • English

Copyright (C) KAGOME CO,. Ltd. All rights reserved.