トマトパッツァ

  • トマトパッツァ
  • トマトパッツァ
  • トマトパッツァ
シェフのコメント
「トマトパッツァ」は、“トマト&アックアパッツァ”という発想とメニュー名が、お客様に分かりやすくていいですね。イタリア産トマトのさわやかな味わいと濃厚なうま味がそのまま残っている「スーゴディポモドーロ」で魚介を煮込むだけ、というシンプルな調理法ですが、トマトソースによって素材自体のうま味がぐっと引き出されるので、とても深みのある味わいに仕上がります。トマトソースは女性に人気ですし、この組み合わせなら魚介が苦手な方でも楽しんで食べていただけると思います。スキレット一つで調理から提供までできるのも手間が無く時短につながって良いですね。煮込みの際には、レモンスライスで爽やかな酸味を加え、ソースのうま味を際立たせるとさらにおいしいですよ。
馬場圭太郎
馬場圭太郎
タロス代表
  • 野菜
  • 果物
  • 穀類
  • イタリアン
  • 魚料理
  • メイン料理
  • クイック
  • 原価400円台

メニュー内容

【提供価格:1200円】 【原価:447円】
「トマトパッツァ」は、南イタリア・カンパーニア地方の郷土料理「アックアパッツァ」(ブイヨンなどを使わず、水とトマト、白ワインなどで魚介を煮込んだ料理)に発想を得て、トマトソースでアレンジをしたイタリア料理の新・創作メニューです。今回は、白身魚(ホウボウ)とムール貝を「スーゴディポモドーロ」だけで煮込んで仕上げました。「スーゴディポモドーロ」の凝縮感のあるしっかりとしたトマトの風味が、魚介のうま味を引き出し、奥行きのあるおいしさを生み出します。

※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。

材料(1皿分)

たまねぎ 1/4個
にんにく 1かけ
EX.V. オリーブ油 30?
白身魚(今回はホウボウを使用) 200g
スーゴディポモドーロ 150?
ムール貝 5個
レモン(スライス) 1枚
プチベール 3個
ロマネスコ 3個
パン(バゲットなど) 適量

作り方

  1. スキレットに薄切りにしたたまねぎ、つぶしたにんにく、EX.V. オリーブ油を入れて弱火にかけ、炒めてにんにくの香りを立たせる。
  2. 1に白身魚を入れて表面に焼き色をつけ、「スーゴディポモドーロ」、ムール貝、レモンスライスを加え、蓋をして10分ほど煮込む。
  3. 軽く塩ゆでしたプチベール、ロマネスコ、スライスして両面を焼いたパン(バゲットなど)を添え、スキレットごと提供する。

主な関連商品

このページのトップへ

このサイトマップを表示しない このサイトマップをここに表示する

表示: スマートフォン版 | PC版