品質方針
カゴメのこだわり
カゴメの原料調達の基本
産地選び
種の検査
畑の確認
栽培指導
出荷
ISO認証取得 / HACCP
工場行動指針
放射性物質の検査
残留農薬検査
パツリン検査
微生物の検査
容器の密封性検査
品質方針
 
 
トップ 放射性物質の検査 残留農薬検査 パツリン検査 微生物の検査 容器の密封性検査
残留農薬検査

残留農薬検査は、当社の主要原材料を中心に実施しています。たとえば、契約栽培のトマトを分析し、生産農家が正しく農薬を使用していることを、使用記録と分析結果を照らし合わせながら検証しています。分析法については、2006年5月29日に施行された食品衛生法のポジティブリスト制度(*)を考慮し、より多くの農薬が分析できるように取組んでいます。

(*)一定量以上の農薬等(農薬、飼料添加物及び動物用医薬品)含まれる食品の販売等を禁止する制度。

残留農薬は、検体の重量を測定したのち、細かく破砕し、抽出・精製した分析サンプルを、GC/MS/MSやLC/MS/MS等の分析機器にて測定します。
 

このページのトップ

サイト内検索
  • ご利用ガイド
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • コミュニティガイドライン
  • サイトマップ
  • English

Copyright (C) KAGOME CO,. Ltd. All rights reserved.