品質方針
カゴメのこだわり
食品の気になる話題から
主な商品の原材料の産地
残留農薬について
アレルギー表示について
異物混入防止対策
 

カゴメの異物混入対策事例について

商品への異物混入対策は、カゴメが最も重点的に取り組んでいる課題のひとつです。お客様に健康被害を与えるものは当然のこととして、お客様に不快な気持ちを与えるものについても混入防止にも取り組んでいます。

異物となる可能性のあるものは、製造作業場に可能な限り持ちこまないこと、および商品の特性に応じて、製造工程中に異物の除去・モニタリング機能を複数設けることを徹底しています。

製造作業場への入場

毛髪混入防止のため、頭に毛髪脱落防止ネットを付け、その上から帽子をかぶり、マスクをしています。

必ず既定の作業服と作業靴に着替えて、異物の持ち込みがないように細心の注意を払っています。

作業着に着替えた後、付着ゴミ吸引器でほこりをとり、エアーシャワーを通って、手洗い、鏡でのチェックしてから入場します。

原料由来の異物対策

原料由来の異物混入がないように、以下を徹底しています。
・ 液体の原料は、必ず網を通して、異物がないことを確認してから使用します。
・ 大きな固形を含む原料は、目視検査(選別)を実施し、異物がないことを確認してから使用します。

製造工程での異物除去・モニタリング

商品の特性に応じて様々な監視機能を設け、製造工程中の異物の除去・モニタリングを実施しています。

防虫防鼠対策

製造作業場への防虫防鼠については、専門家の指導に基づく定期的な「虫のモニタリング」や、虫の混入経路等の要因を考慮した「防虫施行」を実施し、虫の内部発生および外部からの侵入がないことを確認しています。

このように原料から最終製品までの工程管理による異物混入防止対策を実施することで、製品の品質確保に努めています。

このページのトップ

サイト内検索
  • ご利用ガイド
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • コミュニティガイドライン
  • サイトマップ
  • English

Copyright (C) KAGOME CO,. Ltd. All rights reserved.