自然を、おいしく、楽しく。KAGOME

野菜飲料で内からキレイをめざしましょ。はじめようベジビューティー

いくつになっても美しい肌は女性の憧れ。さまざまなスキンケアにトライしてみるのもいいけれど、カラダをつくる毎日の食事を見直すことが、キレイの近道。ムリなくおいしく、野菜飲料を取り入れながら、カラダの内からキレイをめざしてみませんか?ここでは、カゴメの研究にもとづいた、キレイのヒントをご紹介いたします。

毎日の野菜・果実ミックスジュースで隠れジミを減らして、すっぴん美人

カゴメの研究で、野菜・果実ミックスジュースを継続して飲むことで、肌の奥の“隠れジミ”が減少することが明らかに。その効果や研究内容を詳しくご紹介します。

毎日の野菜・果実ジュースで、隠れジミが減少!

カゴメでは、野菜に含まれるカロテンが肌に与える効果に着目。カロテンが豊富なにんじんをベースとした野菜・果実ミックスジュース※1を継続的に飲むことで、肌の奥にある「隠れジミ」が減少することを明らかにしました。
研究では、健常な成人女性60名を2グループに分け、カロテンが豊富なにんじんをベースとした野菜・果実ミックスジュース※1または水を毎日200ml、8週間飲んでいただき、肌状態とカロテンの血中濃度の変化を確認。その結果、野菜・果実ミックスジュースを飲んだグループは、水を飲んだグループに比べて隠れジミスコア※2が改善したことが分かりました。

※1 200ml当たりにβ-カロテン5500μg、α-カロテン3200μgを含む。

※2 隠れジミスコアは、肉眼では見えない顔の隠れジミを、特殊な方法で撮影することにより測定・数値化したものです。この値が高いほど隠れジミが多いことを示します。

隠れジミの変化例 (VISIA® Evolutionにて撮影)
野菜・果実ミックスジュース摂取群隠れジミが減少
隠れジミスコアの経時的な変化
隠れジミスコアの変化量

また、カロテンの血中濃度の変化から、カロテンの濃度が上昇した人ほど、より多くの隠れジミが減少していることが分かりました。

摂取開始から8週間での血中カロテン濃度の変化量と隠れジミスコアの変化量

  • β-カロテン濃度の変化量 (µg/ml)
  • α-カロテン濃度の変化量 (µg/ml)

シミの目立たない年齢から増加!肌に潜む隠れジミとは?

隠れジミとは、肌の奥に潜むメラニンのことで、シミ予備軍とも呼ばれています。通常、隠れジミは肌のターンオーバー(新陳代謝)によって肌の表面に押し出され、排出されます。しかし、肌のターンオーバーが乱れると、隠れジミが沈着し、やがて肌の表面に見えるシミになってしまいます。目に見えるシミは30代後半より増えてきますが、隠れジミはシミの目立たない年齢のうちから増えていると言われています。

メラニン

キレイのカギは、ターンオーバーの促進

この、シミの元になる隠れジミを減らすためには、肌のターンオーバーを促すことが重要です。ターンオーバーを促進させる成分の一つとして知られているのが、ビタミンAです。β-カロテンやα-カロテンは、摂取すると体内で必要に応じてビタミンAに変換されるため、カロテンが豊富に含まれるにんじんベースの野菜・果実ミックスジュースを継続的に飲むことで、隠れジミを減らすことができると考えられます。

皮膚の構造とビタミンA

カロテンの吸収率が高い野菜・果実ミックスジュースで、賢く手軽にすっぴん美人

さらに、β-カロテンは生野菜で摂るよりもジュースなどの加工品にした方が体内での吸収率が高まることが報告されています。
β-カロテンが豊富な野菜・果実ミックスジュースで、

がんばりすぎずに続けられる隠れジミ対策をはじめてみませんか?

出典
(β-カロテン):Livnyら(Eur.J.Nutr.,2003)

ミックスジュース

トマトジュースでアフターサンケア日差しを浴びた肌を明るく回復

カゴメの研究で、トマトジュースを継続して飲むことで、紫外線を浴びて暗くなった肌の色調が、明るく回復するのを早める可能性があることが明らかになりました。

トマトジュースで、紫外線を浴びた後の肌の色調ケア

25歳以上50歳未満の健康な日本人の男女75名にトマトジュース、高リコピントマトジュース、リコピンをほとんど含まないトマト漿液飲料のいずれかを1日160g(一缶)、12週間摂取してもらい、上腕の内側に紫外線を照射した後の肌の赤みと明度とメラニン量を測定しました。

まず、トマトジュースを飲んだ方とトマト漿液えき飲料を飲んだ方を比較すると、肌の赤みに有意な差は確認できませんでした。

赤みを抑える効果を報告している海外の研究では、紫外線を浴びると肌が赤くなり、その後に白く戻る肌質を持つ被験者を対象としていましたが、今回は紫外線を浴びると肌が赤くなり、その後黒くなる肌質を持つ日本人を対象としています。この肌質の違いから、日本人では赤みに対する顕著な効果が見られなかったと考えられます。

紫外線の照射1日後のL値変化量と照射28日後の変化量の比較 高リコピントマトジュース摂取群とトマト類液飲料摂取群の紫外線照射後経過日数 紫外線の照射1日後のL値変化量と照射28日後の変化量の比較 n=23-25、平均値±標準誤差P<0.01、paired t-test
紫外線照射の肌の色調の変化例 高リコピントマトジュース摂取群とトマト類液飲料摂取群の紫外線照射後経過日数 紫外線照射の肌の色調の変化例

しかし、トマトジュース(トマトジュース、高リコピントマトジュース)を飲んだ方は、対照群であるトマト漿液飲料を飲んだ方に比べて紫外線を浴びることにより暗くなった肌の色調の回復が促進される可能性があることがわかりました。

※トマト漿(しょう)液(えき)とは、リコピンをほとんど含まないトマトジュースの透明な上澄み液です。

本効果の有効成分については、今後検討して参ります。

夏だけじゃない!一年中ふりそそぐ紫外線

紫外線と聞くと、夏のイメージが強いですが、夏に比べると4分の1から、5分の1程度まで量は減っているものの、冬でも紫外線は地表まで到達しています。肌は紫外線を浴びると炎症を起こし、それにより赤みを帯びたり、肌の色調が暗くなってしまいます。そうならないためには、日差しを避ける、日焼け止めクリームを塗るなどの紫外線対策は必要不可欠です。
しかし、カンペキな紫外線対策は難しいもの。そこでオススメなのが、毎日のトマトジュースです。

紫外線は夏に比べると量は減っているものの、冬でも地表まで到達しています。

日々の日差しに。毎日のトマトジュースでめぐりのいい肌へ

今回の研究で、トマトジュースを毎日160g飲用したことで、肌の色調が回復したメカニズムとして、メラニンの生成が抑制されたことと、ターンオーバーが促進されたことが考えられます。

トマトジュースの飲用による肌の色調回復の改善メカニズム

メラニンの生成を抑制する ターンオーバーを促進する メラニンが減少し、色調の回復が早まる

トマトジュースの飲用による肌の色調回復の改善メカニズム

あなたも、毎日のトマトジュースで、明るくキレイな肌を目指しませんか?

トマトジュース
ページトップ
このページトップへ

このページのトップ

  • お客様相談センター
  • ご利用ガイド
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • コミュニティガイドライン
  • サイトマップ

Copyright (C) KAGOME CO,. Ltd. All rights reserved.