野菜 野菜

製品づくりの想い 製品づくりの想い

野菜一日これ一本に込められた想い 野菜一日これ一本に込められた想い

  • 野菜由来の栄養※1とおいしさで、
    人々の野菜不足を
    補うのに役立ちたい。

    野菜由来の栄養とおいしさで、野菜が不足するすべての人をサポートしたい。
    野菜由来の栄養とおいしさで、野菜が不足するすべての人をサポートしたい。
    葉野菜や根野菜などのバランスを考えた30品目の野菜、さらに赤や緑や紫などの野菜の彩りにこだわり、配合を増やしてきました。また、「野菜を摂取している実感をより味わえる」ことを大事に「濃厚な味わいと飲みごたえ」「野菜を複数組み合わせた」味作りを実現するため、作る過程で食感を考えて繊維を残し、バランスよくブレンドすることでおいしさと摂取感を感じる味わいに仕上げています。
    • ※1:食物繊維、リコピン、カリウム、カルシウム、ビタミンA、マグネシウム、ビタミンE、ビタミンK、葉酸
  • 野菜のもつ栄養※1とおいしさを、
    できるだけ引き出し
    実感してもらいたい。

    野菜のもつ栄養とおいしさを、できるだけ引き出し実感してもらいたい。
    野菜のもつ栄養とおいしさを、できるだけ引き出し実感してもらいたい。
    野菜一日これ一本は、薬やサプリメントとは違い、スープやサラダのような野菜メニューの一つだと私たちは考えています。だから、無添加※2で野菜本来のおいしさと野菜由来の栄養※1を提供することにこだわり、全ての人の野菜不足の解決を目指しています。
    • ※1:食物繊維、リコピン、カリウム、カルシウム、ビタミンA、マグネシウム、ビタミンE、ビタミンK、葉酸
    • ※2:食塩・香料・保存料・栄養強化剤不使用
  • 無添加※1のおいしさと栄養※2
    人々の健康の支えであり続けたい。

    無添加のおいしさと栄養で人々の健康の支えであり続けたい。
    無添加のおいしさと栄養で人々の健康の支えであり続けたい。
    野菜一日これ一本は、2004年の発売当初から変わらず守り続けていることがあります。それは、野菜本来のおいしさを味わえるジュースを提供すること。カゴメは100年以上もの間、自然の恵みとおいしさを活かした商品を通じて、みなさまの健康を支え続けてきました。自然に根ざした商品を通じ、日本や世界の人々が抱える様々な社会課題に取り組むこと。それが、カゴメの目指す姿です。
    • ※1:食塩・香料・保存料・栄養強化剤不使用
    • ※2:食物繊維、リコピン、カリウム、カルシウム、ビタミンA、マグネシウム、ビタミンE、ビタミンK、葉酸

ものづくりに対する想い ものづくりに対する想い

  • 無添加への想い

    食塩、香料、保存料、
    栄養強化剤不使用

    ものづくりに対する想い

    無添加への想い

    食塩、香料、保存料、
    栄養強化剤不使用

    野菜一日これ一本が、2004年の発売当初から変わらず守り続けていること、それは、食塩や香料を使ったり、人工的に栄養を添加せず、野菜本来のおいしさと栄養※1をみなさまにお届けすること。人工的な栄養強化剤を使って栄養価を高めることもできます。でも、みなさまに安心していただけるよう、カゴメはできるだけ野菜由来の栄養※1をお届けすることで、野菜不足の解決をサポートしたいとおもっています。

    • ※1:食物繊維、リコピン、カリウム、カルシウム、ビタミンA、マグネシウム、ビタミンE、ビタミンK、葉酸
  • 原料への想い①

    彩り豊かな30品目

    ものづくりに対する想い

    原料への想い①

    彩り豊かな30品目

    野菜には多くの栄養が含まれています。β-カロテンが含まれる橙にんじん・赤ピーマン、カルシウムや鉄等のミネラルが豊富なプチヴェール、ほうれん草、食物繊維を含むごぼう、カロテノイドが豊富なトマト・・・と、栄養バランスを考慮し、沢山の野菜を使用しています。だからカゴメは30品目の多種類で彩り豊かな野菜を使用しみなさまに野菜由来の栄養※1をお届けすることにこだわっていきます。

    • ※1:食物繊維、リコピン、カリウム、カルシウム、ビタミンA、マグネシウム、ビタミンE、ビタミンK、葉酸
  • 原料への想い②

    注目の健康野菜を配合

    ものづくりに対する想い

    原料への想い②

    注目の健康野菜を配合

    添加物を使わずに、より高い栄養価をみなさまへお届けするため、カゴメは日々よりよい野菜素材を研究しています。野菜一日これ一本では、プチヴェール、ケール、紫人参、ビート等の注目されている健康野菜が配合されています。最新の研究データに合わせて30種類の野菜のブレンドを調整し、日々改良を重ねています。

  • 栄養への想い

    不足しがちな
    野菜の栄養※1を補う

    ものづくりに対する想い

    栄養への想い

    不足しがちな
    野菜の栄養※1を補う

    現代人は忙しい。サンドイッチやおにぎりなど、忙しい時の軽食だけでは不足してしまう必要な栄養を、野菜一日これ一本の野菜由来の栄養※1で補うことができます。野菜に含まれるビタミンやミネラル。食物繊維はもちろんのこと、リコピンやβ-カロテンといったカロテノイドが健康的なカラダを維持するのに役立っているということが最近の研究で明らかになってきています。

    • ※1:食物繊維、リコピン、カリウム、カルシウム、ビタミンA、マグネシウム、ビタミンE、ビタミンK、葉酸
    • 出典:国民健康調査(1回の食事に対する基準摂取量=1日の摂取基準量÷3で計算)
      野菜一日これ一本の栄養成分値は200mlを参照
      (幅値は、下限と上限の中間値で試算。 サンドイッチはミックスサンドレシピを参照(カロリーSlism計算)
  • おいしさの想い

    野菜摂取感の味づくり

    ものづくりに対する想い

    おいしさの想い

    野菜摂取感の味づくり

    野菜一日これ一本はサプリメントとは違い、日々の食卓に出るサラダやスープのような野菜メニューのひとつです。だから、野菜本来のおいしさや野菜摂取感を感じられる味作りにこだわっています。2004年の発売から、みなさまの日々感じる「野菜不足」解決のサポートができる商品となるため野菜を摂取していることが実感できるよう改良を続けています。

    • 出典:カゴメ五味識別パネルによる評価(n=21)
    • 用語:甘味、酸味、トマト感、人参感、葉物感、野菜を複数組み合わせた味わい、濃厚さ(味)、
      濃厚さ(性状)、パルプ感、飲みごたえ
    • 方法:Fizz ラインスケール
    • 商品:野菜一日これ一本、野菜生活オリジナル、野菜ジュース(容器は200ml)

いろいろな想いに応える豊富なラインナップ いろいろな想いに応える豊富なラインナップ

日本人の全世代に不足している野菜の摂取量。※1
毎日の健康を支えるために必要な野菜は1日あたり350g以上※2。これに対して実際の摂取量は276g※3
野菜一日これ一本は、みなさまのいろいろな”想い”に、
手軽で効率的に不足している野菜を補っていただけるよう、幅広いラインナップを取り揃えています。

※1:H28年国民健康調査(厚労省)、H29年3月子供の野菜摂取調査(カゴメ) ※2:厚労省推進・健康日本21の目標値 ※3:H28年国民健康調査

  • 野菜一日これ一本
  • 野菜一日これ一杯
  • 野菜一日これ一杯 ホームパック
  • 野菜一日これ一本 超濃縮高リコピン
  • 野菜一日これ一本 超濃縮カルシウム
  • 野菜一日これ一本 超濃縮鉄分
  • 野菜一日これ一本 長期保存用

日本人の全世代に不足している野菜の摂取量。※1
毎日の健康を支えるために
必要な野菜は1日あたり350g以上※2
これに対して実際の摂取量は276g※3
野菜一日これ一本は、
みなさまのいろいろな”想い”に、
手軽で効率的に不足している野菜を
補っていただけるよう、
幅広いラインナップを取り揃えています。

※1:H28年国民健康調査(厚労省)、H29年3月子供の野菜摂取調査(カゴメ) ※2:厚労省推進・健康日本21の目標値 ※3:H28年国民健康調査

LOADING