自然を、おいしく、楽しく。KAGOME

企業情報サイト

ホームへ戻る> トマトキッチンスタジオ> トマト料理の基本> トマトの切る・保存・湯むきのコツ

基本04 トマトもっと上手に使いこなせるコツ トマトの切る・保存・湯むきのコツ
トマトはおなじみの野菜ですが、ちょっとした扱い方のコツを知ればもっと上手に使いこなすことができるはず。
このホームページに掲載されているレシピでもよく出てくる切り方や、皮の取りのぞき方についてご紹介します。
生ものですから、できるだけ早く食べたいもの。でも、すぐに使わないときは、冷蔵庫(野菜室)で保存しましょう。トマトに適した保存温度は、品種や状態によっても異なりますが、一般的に10℃前後といわれています。チルド室では傷んでしまう場合がありますので、ご注意を。
  くし切り
サラダ・炒め物など多くの料理で使われる切り方。中心から放射状に6〜8つに切る。
乱切り
大きめのトマト、和え物など一口サイズにしたいときに使われる切り方。くし切りを横にして斜めふたつに切る。
トマトの皮が気になる場合には、ひと手間かけて湯むきをすることをおすすめします。
湯むきをすると調味料がなじみやすくなり、より甘みも引き立ちます。
  お湯で
鍋に湯をわかし、グラグラに沸いたらトマトを入れます。 皮がはじけてきたらザルなどにとり、冷水で冷やします。 皮のめくれたところから手でひっぱってむきます。
ガスの火で
1、2個なら、フォークにトマトをしっかりと刺し、ガスの火にかざして皮をこがします。皮が黒くなりますが、冷水につけて手で皮をむくときれいにとれます。
ホームフリージング
トマトを食品保存用のジッパーバッグに入れて、フリーザーに入れて凍らせます。ほしいときにほしい分だけ取り出して、半解凍してから、めくれた皮を手でむきます。たくさんトマトが手に入ったときの保存として、また、大量に湯むきをしたいときに便利。
凍らせたトマトは、半解凍して缶詰ホールトマト感覚でトマトソースやミートソースにしても便利ですし、凍ったままカレーやビーフシチューなどにポンと入れるのも、味に深みがでておすすめです。

トマト料理の基本 基本をマスターすれば料理の幅がグッと広がる!

目次へ

今日のレシピをさがそう おすすめレシピ検索

検索画面

フリーワードで探す

レシピ検索

材料・レシピの名前で検索できます。

旬がおいしい! 今月の旬の野菜レシピ

  • キャベツ

お手元の商品から探す

関連情報

カゴメの商品

自然を、おいしく、たのしく。KAGOME
自然の力がもたらす健康と食の楽しさを、カゴメからご提案します。

このページのトップ

サイト内検索
  • ご利用ガイド
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • コミュニティガイドライン
  • サイトマップ
  • English

Copyright (C) KAGOME CO,. Ltd. All rights reserved.