自然を、おいしく、楽しく。KAGOME

企業情報サイト

ホームへ戻る> トマトキッチンスタジオ> イベントレシピ> ハロウィンレシピ> ハロウィンになぜお菓子を配るのか

10月10日に行われるハロウィンイベント!

ハロウィンになぜお菓子を配るのか

ハロウィンレシピ

ヨーロッパやアメリカでは毎年11月1日に、死者の魂を慰める祭りでもある「万聖節」が行われます。その前夜祭として行われるのが「ハロウィン」なのです。
秋から冬へと季節が変わり寒さも増してくるこの時期は、昔から死者や魔女がこの世に戻ってくると思われていました。そのため、仮装した子供たちが家々を回って、死者のためにお菓子をもらって歩きまわるようになりました。このとき、子供たちがお菓子をもらうための合い言葉が「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないと、いたずらするぞ!)」です。日本でも、可愛いく仮装した子供たちが回ってくると、お菓子をあげる光景が見られるようになりました。大きな袋を持って家々を回って行きます。

  • ヌガー

    ヌガー

  • タフィー

    タフィー

  • タフィーアップル

    タフィーアップル

子供たちに渡すお菓子は、各家庭で昔ながらのハロウィンレシピで作った、ヌガー(砂糖と水あめをアーモンドやクルミなどのナッツ類とまぜて冷やしたもの)やタフィー(かたいあめ)、キャンディーなどです。ハロウィンとリンゴの収穫時期が重なるイギリスでは、タフィーアップルと呼ばれる、リンゴをあめでくるんだお菓子も人気があります。
このあめは日本のお祭りなどでよく見かけるリンゴあめに似ています。近年日本でも多くのハロウィンイベントが開催されるようになり、この季節になると仮装した子供がたくさんのお菓子を嬉しそうに持っている風景を見るようになってきました。

今日のおすすめレシピ

トマトケチャップで減塩「しょうが焼き」
調理時間:10分
290kcal
塩分:1.3g

カゴメのおすすめレシピ

もっと見る

サルサ ピザトースト
調理時間:10分
281kcal
塩分:1.3g
鶏のウスターソースことこと煮
調理時間:10分
160kcal
塩分:0.8g
サーモンときのこのトマトクリームパスタ
調理時間:20分
525kcal
塩分:0.9g

このページのトップ

サイト内検索
  • ご利用ガイド
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • コミュニティガイドライン
  • サイトマップ
  • English

Copyright (C) KAGOME CO,. Ltd. All rights reserved.