自然を、おいしく、楽しく。KAGOME

  • ホームへ戻る
  • お客様相談センター
  • サイトマップ
  • 検索トップ
  • 閉じる
TOMATO UNIVERSITY 

トマト大学
医学部 

トマトの機能・効能について
トマトに含まれるリコピンとは?
リコピンで生活習慣病を予防
リコピンで輝く白い肌へ
活性酸素の話
リコピンの「活性酸素消去力」
リコピンのさらなる可能性
リコピン吸収をよくする
豊富なビタミンとミネラル
国際関係学部 

世界のトマト事情
栄養学部 

トマトのおいしさのヒミツ
農学部 

トマトの赤は太陽の恵み
文学部 

トマトの歴史

メタボ対策効果!野菜ジュースファーストのススメ
医学部 トマトの機能・効能について 

トマトに含まれるリコピン、ビタミンやミネラルが私たちのカラダに与えてくれる効果について勉強します。
リコピンで生活習慣病を予防
カゴメ研究開発本部および、研究開発本部が大学等の他の研究機関と共同で行ったリコピン(トマト)研究成果のうち、生活習慣に深くかかわる疾病に関する研究をご紹介します。
対象 機能 研究内容・結果 研究の
ステージ
リリース
論文発表
生活
習慣病
動脈硬化 LDL酸化抑制 トマトジュース2缶を19日間毎日飲むことで、血液中の悪玉コレステロール(LDL)が酸化されにくくなった。 in vitro 1996
糖尿病・動脈硬化 血中アディポネクチン増加 肥満にともなう糖尿病モデルマウスにリコピンを摂取させることで、糖尿病や動脈硬化の予防・改善作用に効果的なホルモンであるアディポネクチンの血中濃度が増加した。
詳しくはこちら
動物 2008
ガン 肝臓ガン 発症抑制 肝がんを自然に発症するマウスにリコピンを摂取させておくと、摂取していないマウスに比べて発症率が低く抑えられていた。 動物 1997
大腸ガン 発症抑制 大腸がんモデルラットに希釈したトマトジュースを継続的に与えたところ、トマトジュースを飲んだラットは水を飲んだラットと比較して大腸がんの発症率が低かった。 動物 1996
ガン(治療) 放射線による障害防御 マウスに放射線を照射し、組織へのダメージを評価したところ、リコピンを与え続けたマウスでは与えていないマウスと比較して組織へのダメージが少なかった。 動物 2004
肺疾患 肺気腫 タバコによる肺障害の予防 肺気腫モデルマウスに、あらかじめトマトジュースを摂取させておくことで、タバコによる肺障害が予防されることを確認した。
詳しくはこちら
動物 2006

※研究対象 in vitro・・培養細胞や試験管での評価 / 動物・・実験動物を用いた評価 / ヒト・・人における評価

トマトに含まれるリコピンとは? リコピンと美白・美肌に関する研究
 

このページのトップ

  • ご利用ガイド
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • コミュニティガイドライン
  • サイトマップ
  • English

Copyright (C) KAGOME CO,. Ltd. All rights reserved.