自然を、おいしく、楽しく。KAGOME

機能性表示食品『カゴメトマトジュース』で血中コレステロール対策

善玉コレステロール(HDL)とトマトの栄養素「リコピン」の関係とは?

『カゴメトマトジュース』が機能性表示食品に

カゴメは、長年にわたりトマトの栄養素である「リコピン」の研究を続け、様々な効果効能を検証してきました。長年の研究の成果もあり、リコピンには、体内の血中HDL(善玉)コレステロールを増やす働きがあることが報告されました。

そんな自然由来の栄養素リコピンが含まれる『カゴメトマトジュース』を、カゴメは機能性表示食品として消費者庁に届け出て、受理されました。品質もおいしさもそのままに、再デビューです。

他人事ではない“コレステロール値”

コレステロールを指摘される方の割合は40代で急激に増え、男性では50代でピークに。女性については50代で男性の値を超える傾向にあることも確認されています。

その要因は、食生活の乱れや運動不足、食事の欧米化など実に様々。血中コレステロール対策のためにも、生活習慣の見直しが非常に重要になります。

コレステロール値を指摘される世代別割合

実はコレステロール=悪ではない

ご存知の通り、血中コレステロールには善玉(HDL)コレステロールと悪玉(LDL)コレステロールがあります。悪玉(LDL)コレステロールは、増えすぎてしまうと高コレステロール状態となり、 私たちの健康を脅かす存在となってしまうため、コレステロール=体に悪いもの、という印象を持ちがちです。

しかしながら、コレステロールは細胞膜の生成や、脂質の分解に必要な要素であり、私たちが生きていく上で必要不可欠な成分です。
悪玉(LDL)コレステロールにも、血中コレステロールを全身に運ぶという大切な役割があるのです。 そんな事実から、最近は善玉(HDL)コレステロールと悪玉(LDL)コレステロールの比率を示す、“LH比”という指標も注目されています。この比率が大きくなると健康の不安も大きくなるとされており、非常に重要な指標となっています。

健康の目安となる『LH比』

善玉(HDL)コレステロールの値が重要!

善玉(HDL)コレステロールには血中コレステロールを回収する役割があります。つまり血中コレステロールを減らし、健康を支える力となるのです。

健康診断や人間ドックでは総コレステロール値を気にしがちですが、この善玉(HDL)コレステロールの値の基準値は40mg/dL以上とされており、善玉(HDL)コレステロール量を増やすことは、まさに健康のためにも有効な手段なのです。

メタボリックシンドロームの診断基準のひとつ

善玉(HDL)コレステロールを増やす効果が期待できる「リコピン」

そんなありがたい働きをしてくれる善玉(HDL)コレステロールでも、増やすことは実は簡単ではありません。できる対策があるとすれば、禁煙、習慣的な運動、肥満解消などと言われていますが、年齢を重ねながら続けていくこともなかなか大変です。

カゴメは、毎日の血中コレステロール対策に向け、善玉(HDL)コレステロールを増やす方法に着目、そして長年の研究の結果、トマトなどに多く含まれる「リコピン」を8週間継続して摂取することで、善玉(HDL)コレステロールを増やす効果があることを確認しました。

自然の恵みを活かした、まったく新しい血中コレステロール対策が誕生しました。
『カゴメトマトジュース』は品質・おいしさそのままに、あなたの健康を支えていきます。

トマト(リコピン)摂取による善玉(HDL)コレステロールの増加

機能性表示食品 [届出表示]本品にはリコピンが含まれます。リコピンには血中HDL(善玉)コレステロールを増やす働きが報告されています。血中コレステロールが気になる方にお勧めです。

カゴメトマトジュースサイトはこちら

サプリメント:リコピン コレステファインのご購入はこちら(通信販売限定)

機能性表示食品に関わる情報開示

このページトップへ

このページのトップ

  • お客様相談センター
  • ご利用ガイド
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • コミュニティガイドライン
  • サイトマップ

Copyright (C) KAGOME CO,. Ltd. All rights reserved.