[常備野菜の冷凍保存]ほうれん草やネギなど、生で冷凍するコツ

選ぶ・保存する

[常備野菜の冷凍保存]ほうれん草やネギなど、生で冷凍するコツ

監修:

ほうれん草やネギ、小松菜などの常備野菜が、生のまま冷凍保存できることをご存知ですか?今回は、余ってしまった常備野菜の、便利な冷凍保存術をお教えします。小分けにしておけば、使いたいときに必要な量をすぐ取り出せるので、時短調理にも役立ちます!

ほうれん草・小松菜・水菜は、切って冷凍保存

ほうれん草や小松菜は、葉の表面から水分がどんどん抜けて、2~3日ほどでしなびてしまいます。余ったら、鮮度が高いうちに冷凍しましょう。
シャキシャキした食感が魅力の水菜は、凍ったままスープや炒め物などに使えて便利です。

長ネギは、白い部分と緑の部分を分けて保存

白い部分は乾燥してしなびやすく、緑の部分は水分が多いために傷みやすいネギ。冷凍する場合は切り分けて別々に保存します。汁物の具にオススメです。

万能ネギは、まとめて刻んで冷凍保存

万能ネギは傷みやすいので、購入後に早めに刻んで冷凍しておきましょう。刻んだ後はしっかり水気を取るのがコツです。薬味や汁物の具に便利。

便利な「ミックス野菜」の保存方法

いろいろな野菜が少しずつ残ったら、生のまままとめて冷凍すると便利です。野菜炒め、鍋物、汁物、焼きそば、ラーメン、パスタなどに使えます。凍ったまま調理できます。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2018.07.02

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)

写真(撮影協力):吉田めぐみ

監修:カゴメ
参考文献:
『ひと目でわかる! 食品保存事典』島本美由紀著(講談社)
『改訂9版 野菜と果物の品目ガイド』(農経新聞社)
『その調理、9割の栄養捨ててます!』東京慈恵会医科大学附属病院 栄養部監修(世界文化社)

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園