[ショウガ]冷え対策の栄養素から、レシピ別の切り方まで紹介

種類

[ショウガ]冷え対策の栄養素から、レシピ別の切り方まで紹介

監修:

さわやかな辛みと香りが料理をキリッとひきしめてくれるショウガ。漢方薬として、また冷え性などの民間療法としても、その効果は世界中で認められています。
生のショウガにはたんぱく質を分解する酵素が含まれていて、肉をやわらかくする効果があります。チューブ入りのショウガは加熱処理をされているため、酵素があまり働かず、肉をやわらかくする効果は期待できません。

栄養素

旬・産地

ショウガの旬は初夏から晩秋にかけてで、この時期に出荷されるものは「新ショウガ」と呼ばれます。なかでも葉がついた「葉ショウガ(谷中ショウガ)」が店頭に並ぶのは、旬の間だけです。

旬の時期以外に店頭に並んでいるのは、新ショウガを貯蔵して翌年に出荷したもので、新ショウガと区別するために「種ショウガ」または「根ショウガ」、「古(ひね)ショウガ」と呼ばれます。

おもな産地は高知県、熊本県、鹿児島県などです。

選び方

おいしいショウガの選び方

おいしいショウガの選び方

皮に傷がなくて、ふっくらとしているものを選びましょう。 夏の風物詩ともいえる葉ショウガは、葉がぴんとして、みずみずしいものがおすすめです。

保存方法・期間

おいしさをキープする保存のしかた

洗わずに、涼しい場所において、3~4日程度で使い切るようにしましょう。

使い切れないときは冷凍保存

1回分ずつカットして冷凍するか、すりおろしてから冷凍すると次に使うときに便利です。カットして冷凍したショウガは解凍せずに、そのまますりおろして使えます。

使い切れないときは冷凍保存

下ごしらえのコツ

簡単に皮をむく方法

簡単に皮をむく方法

スプーンを使うと手軽なうえにムダなく皮をむくことができます。ショウガの表面(皮)にスプーンの端を当て、皮をこそげ取るようにします。ショウガは皮が薄いので、すりおろす場合などは皮をむかずに使っても大丈夫です。

レシピ別ショウガの切り方バリエーション

すりおろす

すりおろす

おろし金ですりおろします。汁物に加えたり、肉などのつけ汁に使うときや、ケーキなどの生地に混ぜるときなどに適しています。おろした汁も捨てずにいっしょに使いましょう。

薄切り

薄切り

小口から、繊維に対して直角に包丁を入れ、薄く切ります。新ショウガなら甘酢漬け、種ショウガなら魚などと一緒に煮込むときなど、後で取り出すときにはこの切り方が適しています。

せん切り

せん切り

薄切りにしたショウガをずらして重ね、端から包丁で細く切ります。炊き込みご飯、沢煮椀、浅漬けなど、ショウガの風味を強くきかせたいときに適した切り方です。

針ショウガ

針ショウガ

せん切りとは違い、繊維に沿って薄切りにした後、さらに繊維に沿ってごく細く切ります。煮物や酢の物を盛り付けた上に飾る「天盛り」として使われます。

みじん切り

みじん切り

せん切りにしたショウガを横に揃え、端から包丁で細かく刻みます。炒め物や煮物などで、肉や魚のクセをやわらげたり、下味としてきかせたいときに適した切り方です。

つぶす

つぶす

適当な大きさに切ったショウガを、すりこぎや瓶の底などでたたいてつぶします。ビニール袋に入れると、ショウガが飛び散らず汁もこぼれません。煮込み料理のくさみ消しに使って、あとから取り出すときに適しています。

レシピ

新ショウガの漬けもの

新ショウガの漬けもの

材料

  • 新ショウガ:100g
  • 砂糖:大さじ2
  • 塩:小さじ1/2
  • 酢:100cc
  • 水:50cc

作り方

  1. 新ショウガを洗った後、薄切りにする。
  2. 砂糖、塩、酢、水をよく混ぜ合わせて調味液を作る(砂糖は好みで加減してもOK)。
  3. 保存容器に「2」を入れ、ショウガを漬け込む。

写真:小林友美(1~10枚目)
制作・監修:カゴメ
出典:農林水産省 平成26年産野菜生産出荷統計(産地)

産地情報は2017年1月31日の記事初出時のものとなります。


毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY

最終更新:2018.07.02

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園