[いんげん]含まれる栄養素や下ごしらえ、保存のコツ

種類

[いんげん]含まれる栄養素や下ごしらえ、保存のコツ

中の豆が未熟なうちにさやごと食べる、「いんげん(さやいんげん)」。いんげんまめの原産地は中央アメリカと言われており、日本には、江戸時代初めに隠元禅師が中国より伝えたとされています。下ごしらえでは、筋を取るのが一般的ですが、近年は筋のない品種のいんげんも広まっています。

栄養素

  • たんぱく質
  • カリウム
  • カルシウム
  • 亜鉛
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ビタミンC
  • 食物繊維 など

旬・産地

旬は6~9月。
おもな産地は千葉県、鹿児島県、北海道、福島県、沖縄県などです。寒冷期も沖縄県産のものやオマーンからの輸入品が出回るため、通年で手に入れることができます。

選び方

おいしいいんげんの例

おいしいいんげんの選び方

太さが均一で豆の形がはっきり浮き出ておらず、色鮮やかなものを選びましょう。太すぎると筋が硬いため、やや細めがおすすめ。ハリがあり、さやの先までピンとしているものが新鮮です。

保存方法・期間

いんげんをおいしく保存するコツ

保存の適温は8℃です。常温だと劣化が進んでしまうので、必ず冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。下の写真のように、さやの向きをそろえてキッチンペーパーと一緒にポリ袋に入れ、ヘタを上にしてグラスなどに立てて保存します(写真右)。保存の目安は約1週間です。

いんげんをキッチンペーパーと一緒にポリ袋にいれ、グラスに立てたもの

下ごしらえのコツ

板ずりをすると色鮮やかに

  1. ヘタを切り、筋がついている場合は引いて取り除く。
    ヘタを切っているシーン
  2. 塩をまぶしたまな板の上で、ころころと転がして板ずりをし、塩をなじませる。
    いんげんを、板ずりしているシーン

板ずりをしてから茹でると、緑が色鮮やかに仕上がります。茹で上がったらザルにとり、うちわなどであおぎながら手早く冷ましましょう。煮ものやソテーにする場合も、同じように板ずり後に、下茹でしてから調理すると青臭さが残りません。
また、炒めるときも、板ずりをするとうぶ毛やアクが取れて、歯ごたえがよくなります。


文:KWC
写真:小林友美
監修:カゴメ
参考文献:
『新・野菜の便利帳』板木利隆監修(高橋書店)
『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店)
『ひと目でわかる! 食品保存事典』島本美由紀著(講談社)
『改訂9版 野菜と果物の品目ガイド』(農経新聞社)
『内田悟のやさい塾 春秋』内田悟著(メディアファクトリー)
出典:
農林水産省:食料需給表の概要
農林水産省:消費者の部屋
農林水産省:平成26年産野菜生産出荷統計


最終更新:2018.02.07

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園