[ケール]サラダにも炒めものにも!含まれる栄養素や食べ方

種類

[ケール]サラダにも炒めものにも!含まれる栄養素や食べ方

青汁の材料として知られているケール。実はキャベツやブロッコリーの原種で、地中海周辺地域で生まれたといわれています。可食部100gあたりのビタミンCはキャベツの約2倍、カルシウムは約5倍、β-カロテンは約59倍も含まれる緑黄色野菜です。

栄養素

  • たんぱく質
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • ビタミンA
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • ビタミンC
  • 食物繊維 など

旬・産地

ケールはキャベツの仲間のなかでも寒さに強いといわれ、スコットランド、ドイツ、オランダ、スカンディナビア地域などで冬の作物として親しまれています。
国内では、茨城県、岡山県、福岡県、鹿児島県などで生産されています。

選び方

選び方:小ぶりで緑色が鮮やか。表面に斑点がないものが新鮮です

葉は、緑色が鮮やかで小ぶりなものを選びましょう。表面に斑点がないものが新鮮です。

保存方法・期間

ケールをおいしく保存するコツ

葉を重ねてポリ袋に入れて冷蔵しましょう。約5~10日ほど日持ちします。日が経つほど、苦みが増していくので、早めに使いきるようにしましょう。

冷蔵保存:葉を重ねてポリ袋に入れて冷蔵します

下ごしらえのコツ

葉と茎の下ごしらえ

泥などが残らないよう流水か酢水で洗い、葉と茎を分けます。

下ごしらえ:流水か酢水で洗い、葉と茎を分けます
下ごしらえ:流水か酢水で洗い、葉と茎を分けます

苦みを和らげるコツ

そのままスープやシチューに入れることもできますが、苦みが気になる場合は下茹でしましょう。鍋にたっぷりの湯をわかし、塩を少々いれて沸騰させ、1~2分ほどサッと茹でます。

ケールは苦みがありますが、適量をサラダに加えると香りづけになり、彩りも良くなります。

文:KWC
写真:小林友美
監修:カゴメ
参考文献:
『[カラー版]世界食材事典』大和和子 (翻訳)・杉田浩一・村山篤子(柴田書店)
『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店)
出典:
日本食品標準成分表2015年版(七訂)
公益財団法人日本特産農産物協会(産地)
農林水産省(旬)


最終更新:2017.11.29

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園