[水菜]サラダや鍋に活躍!栄養と鮮度をキープする保存のコツ

種類

[水菜]サラダや鍋に活躍!栄養と鮮度をキープする保存のコツ

監修:

シャキシャキとした食感が魅力の水菜。古くから京都でつくられており、「京菜」や「壬生菜(みぶな)」も、水菜の一種です。鍋ものだけでなく、アクが少ないためサラダなどの生食でも人気が高まっています。

栄養素

  • たんぱく質
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • ビタミンA
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ビオチン
  • ビタミンC
  • 食物繊維 など

旬・産地

水耕栽培が盛んなため1年中出回っていますが、旬は11~2月。
もともとは京都の野菜ですが、現在は茨城県、福岡県が京都府の出荷量を上回っています。

選び方

水菜は、葉の緑色が鮮やかで、葉先までピンとまっすぐなものを選ふ

葉の緑色が鮮やかで、葉先までピンとまっすぐなものを選びましょう。大きすぎず、葉脈がはっきりしているものがおすすめです。茎は太くてみずみずしく、株元が張っているものが良いでしょう。

保存方法・期間

水菜をおいしく保存するコツ

食べやすい長さに切って、水に1~2分さらします。ざるに上げて水気を拭き取ったら、キッチンペーパーを敷いた容器に入れましょう。上からもキッチンペーパーをかぶせてフタをし、冷蔵庫の冷蔵室へ。キッチンペーパーが濡れてきたら取り替えましょう。10日ほど保存できます。

水菜をおいしく保存するコツ:キッチンペーパーを敷いた容器に入れて冷蔵庫の冷蔵室で保存

下ごしらえのコツ

洗い方のコツ

根元に土が入り込んでいることがあります。水を張ったボウルの中で、数回かけてしっかりと洗い落としましょう。

水菜の洗い方のコツ:根元に土が入り込んでいるため、しっかり洗い落としましょう

サラダなど生で食べる場合は手で分ける

生で使う場合は手で折るように分けましょう。包丁で切るよりも、食感がよくなります。下の写真のように、分ける長さを変えると食感に変化がつきます。

水菜をサラダなど生で食べる場合は手で分けると、包丁よりも食感が良くなる

歯ごたえをほどよく残す湯通し

歯ごたえをほどよく残し、色よく仕上げるには、沸騰した湯に根元から入れましょう。やわらかくなったらすぐに葉先を沈め、5秒前後でざるに上げます。急ぐ場合はうちわであおいで手早く冷ましましょう。

水菜の歯ごたえをほどよく残す湯通しの仕方:沸騰した湯に根元から入れ、やわらかくなったらすぐに葉先を沈め、5秒前後でざるに上げる

シャキシャキとした食感は生でも火を入れても楽しめます。クセがなくみずみずしい風味を新鮮なうちに味わいましょう。

文:KWC
写真:小林友美
監修:カゴメ
参考文献:
『新・野菜の便利帳』板木利隆監修(高橋書店)
『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店)
『内田悟のやさい塾 秋冬』内田悟著(メディアファクトリー)
『改訂9版 野菜と果物の品目ガイド』(農経新聞社)
出典:
日本食品標準成分表2015年版(七訂)
農林水産省:平成26年産野菜生産出荷統計
農畜産業振興機構:名称・摂取調理法
JAグループ とれたて大百科


毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY

最終更新:2018.07.02

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園