これからも野菜生活100は進化し続けます。1995年、野菜をみんなにおいしく、もっと手軽に摂ってほしいという思いから誕生した「野菜生活100」は、野菜飲料を国民健康飲料として定着させました。それから20年。これからは、余分なものを「減らす」健康から、心とカラダ本来の「力を引き出す」健康が必要とされる時代。そこで、野菜生活100は、野菜の色に着目しました。色素のもとであるカロテノイドは、カラダ本来の力を目覚めさせます。生野菜からでは吸収しにくいとされている栄養素も、ジュースにすることで、吸収率を向上させ*、おいしく手軽に摂ることができます。時代が求める健康生活を、みんなの手の届くものに。それが、野菜生活100の次の目標です。 *β-カロテン、リコピンで実証されています。

野菜生活100エナジールーツ、野菜生活100フルーティーサラダがリニューアル

野菜生活100 Fruity Salad、野菜生活100 Original、野菜生活100 Energy Roots

リニューアルのポイント

  • 野菜の配合量を増やし、1本、またはコップ1杯当たりに1食分の野菜※1を使用しました。100ml(紙)商品は対象外、720ml(PET)商品の野菜量は据え置きになります。野菜の増加割合は容器によって異なります。
  • パッケージ正面に摂取できる栄養を表記しました(β-カロテン、ポリフェノール、ビタミンC)。
  • 野菜のリアルな素材感を際立たせ、野菜・果実の力が感じられるパッケージにしました。

※1 厚生労働省推進・健康日本21の目標値(1日350g)の約1/3である野菜120g分。(野菜は加工により失われる成分もあります)