子ども食堂の活動支援子ども食堂の活動支援

カゴメみらいやさい財団の活動

当社は食を通じて未来を担う子どもたちの健やかな成長を支えるとともに、地域社会の健全な発展に貢献したいと考え、長年にわたり食育活動をはじめとした様々な社会貢献活動に取り組んでおります。
一方、現在の子どもを取り巻く食生活においては、貧困による栄養バランスの悪化や孤食による家族・地域とのつながりの希薄化など、子どもの心と体の成長を妨げる様々な問題が深刻化しており、これらを個人や団体また企業が単独で解決することは非常に困難な状況です。

当社は、自助や公助だけでは解決が難しいこれらの食に関する社会問題に対して、共助の精神で地域社会とともに取り組んでまいりたいと考え、2020年10月に「カゴメみらいやさい財団」を設立いたしました。

"子どもに笑顔を、地域に笑顔を"を理念とする本財団は、それぞれの地域で食育活動や子どもの貧困対策に取り組む子ども食堂に対して、寄付を中心とした支援を行うことで、健全で豊かな心を育む社会の実現に貢献してまいります。

2021年度は75団体に対して、助成金2,958万円の給付を実施いたしました。

財団のシンボルマーク
財団のシンボルマーク
「野菜」は食を、「手」は子どもの成長を優しく見守る様子を表現しております。
カゴメみらいやさい財団の設立記者会見
2020年10月1日
カゴメみらいやさい財団の設立記者会見
左:寺田会長 右:山口社長(カゴメみらいやさい財団 理事長)