ポルペッティーネとカンネッリーニ豆の煮込み

  • ポルペッティーネとカンネッリーニ豆の煮込み
昔からあるひき肉料理だが、今でもトラットリアで登場する料理。生肉で作るのは最近のことで、昔は加熱した肉に余ったハムやソーセージを混ぜた、色々な風味の入った料理だったので、シンプルなトマトで煮込むようになった。今回はスーゴディポモドーロを使用し、短時間でトマトの風味豊かに仕上げた。またカンネッリーニを入れることで、1皿で満腹になる設計とした。

材料(4人)

合びき肉 250g
ドライパン粉 10g
ナツメグ 少々
1個
適量
こしょう 適量
牛乳 大さじ4~5
オリーブ油 大さじ2
オレガノ 適量
白ワイン 1/2カップ
カゴメスーゴディポモドーロ 400g
カゴメ冷凍カンネッリーニ(白インゲン豆) 240g
パセリ(みじん切り) 適量

作り方

  1. 1.合びき肉、ドライパン粉、ナツメグ、卵、塩、こしょう、牛乳を練り、やや平らなだんご状に成型する。
  2. 2.フライパンにオリーブ油を熱し、①を焼く。両面を焼いたらオレガノをふりかけ、さらに白ワインを加える。
  3. 3.②にスーゴディポモドーロを入れて煮る。さらに塩ゆでしたカンネッリーニを入れ煮る。
  4. 4.器に③を盛り、パセリ(みじん切り)をふりかける。

このページのトップへ