スパゲッティ・ボロニェーゼ

  • スパゲッティ・ボロニェーゼ
エミリア=ロマーニャ州ボローニャで作られる、イタリアの二大ラグーの一つ“サルサ・ボロニェーゼ”。北イタリアに位置するこの地域では、タリアテッレやリガトーニ、ラザーニャに使うのが組み合わせの定番だが、トマトのフレッシュ感があるスーゴディポモドーロを使い、煮込み時間を短くしてトマト感のあるミートソースに仕上げ、本来南イタリアのラグーと相性が良いスパゲッティと合わせた。

材料(4人)

カゴメ冷凍ソフリット 80g
乾燥ポルチーニ 2.4g
サラダ油 少々
牛ひき肉 200g
1.2g
A:こしょう 少々
赤ワイン 120g
にんにく 1.6g
ローリエ 少々
カゴメスーゴディポモドーロ 400g
B:こしょう 少々
ナツメグ 少々
スパゲッティ 400g
無塩バター 40g

作り方

  1. 1.ソフリットは解凍しておく。乾燥ポルチーニは湯(分量外)で戻して細かく切る。
  2. 2.フライパンにサラダ油を入れ、牛ひき肉を広げ、弱火で水分が出てくるようにじっくり炒める。水分が出てなくなってきたら火を強め、焼き色を付けるように炒めていく。塩、Aのこしょうをする。
  3. 3.鍋に①のソフリットを入れ火にかけ、③のひき肉を加え、軽く炒めたら、赤ワインを入れアルコールを飛ばす。
  4. 4.皮つきのにんにく、ローリエ、①のポルチーニを汁ごと加え、煮る。スーゴディポモドーロを加え、さらに煮込む。Bのこしょう、ナツメグを入れる。塩で味を調整する(分量外)。
  5. 5.鍋にお湯を沸かし、塩(分量外)を入れ、スパゲッティをアルデンテにに茹で上げる。
  6. 6.⑦のソースに無塩バターを加え、スパゲッティを入れて和え、皿に盛り付ける。お好みでパルメザンチーズ(分量外)を添える。

このページのトップへ