帆立とズッキーニの串焼き ポモドリーニのマリナータ添え

  • 帆立とズッキーニの串焼き ポモドリーニのマリナータ添え
串焼きはイタリアの魚料理の中ではポピュラーな料理。野菜と帆立、野菜とエビなどの組み合わせがよくみられますが、今回は帆立を使用しました。黄ズッキーニを加えることで彩りがよくなります。ペペローニもズッキーニ同様に用いることが出来ます。また魚の代わりに肉を使っても良いです。

材料(4人)

カゴメ冷凍ズッキーニのグリル(ラウンドスライス) 12枚
カゴメ冷凍黄ズッキーニのグリル(ラウンドスライス) 12枚
1g
ミニトマト 16個
レモン汁 大1強
EX.V.オリーブ油 大4
1g
こしょう 0.05g
パセリ(みじん切り) 2g
ホタテ貝柱 320g
4g
こしょう 0.2g
オリーブ油 適量

作り方

  1. 1.ズッキーニのグリル(ラウンドスライス)、黄ズッキーニのグリル(ラウンドスライス)をオーブンシートの敷いた天板に並べ塩をし、180℃・0%のコンビモードのスチコンに約8分入れ加熱解凍する。
  2. 2.ミニトマトは1/4に切り分け、ボウルに入れ、レモン汁、EX.V.オリーブ油、塩、こしょう、パセリ(みじん切り)を加え、かき混ぜ、10分程マリネしておく。
  3. 3.ホタテ貝柱は2枚に切り分け、塩、こしょうをする。
  4. 4.竹串で①と②を交互に刺していく。
  5. 5.オリーブ油を塗った耐熱皿に並べ、オリーブ油を振りかけ、180℃のオーブンで12-3分焼く。
  6. 6.器に盛り、②を添える。