ズッキーニと卵のトルティーノ

  • ズッキーニと卵のトルティーノ
卵に具やチーズ等を混ぜて焼くという料理は古代ローマ時代からあります。現代のトルティーノの具の定番は、と言うとズッキーニです。肉を食べない習慣の残る金曜日のメイン料理や、冷まして切り分け、前菜の一品にとして使われています。緑色ズッキーニと交互に並べて焼く事で、2種類のズッキーニの味を知ることができます。

材料(4人)

カゴメ冷凍ズッキーニのグリル(ラウンドスライス) 16~20枚
カゴメ冷凍黄ズッキーニのグリル(ラウンドスライス) 16~20枚
1.5g
ベーコン 120g
オリーブ油 8g
カゴメ冷凍オニオンソテースライス50(国産) 120g
6個
生クリーム 60g
パルミジャーノ 40g
パセリ(みじん切り) 1g
1g
こしょう 0.05g

作り方

  1. 1.天板にオーブンシートを敷き、緑・黄ズッキーニのグリルを広げ塩をし、180℃・0%のコンビモードのスチコンに約8分入れ、加熱解凍しておく。
  2. 2.ベーコンは細切りにし、浅鍋に入れ、オリーブ油、解凍したオニオンソテーを加え炒める。
  3. 3.ボウルに卵、生クリーム、パルミジャーノ、②、パセリ(みじん切り)を入れよくかき混ぜ、塩こしょうで味を調える。
  4. 4.オリーブ油(分量外)を塗った耐熱容器に1/3量分の③を入れ、ズッキーニを並べる。
  5. 5.残りの③を加え、高温のオーブンシートに入れて焼く。