ブルスケッタ ペペローニ ツナ風味

  • ブルスケッタ ペペローニ ツナ風味
ブルスケッタは本来は焼いてニンニクの香りをこすり付け、塩こしょう、オリーブ油で味付けしたもの。最近ではいろいろなトッピングをのせたリッチ感のあるブルスケッタが増えています。ペペローニは彩りを添えることができ、パンの上にのせやすく、食べやすいため、ブルスケッタの具材によく使われます。ツナとペペローニは南の食材で、料理にも多く使用される組み合わせです。

材料(4人)

バケット 8枚
にんにく 2片
カゴメ冷凍赤ペペローニのグリル(スクエアカット) 40g
カゴメ冷凍黄ペペローニのグリル(スクエアカット) 40g
0.4g
オイルツナ 60g
ケッパー 16g
パセリ(みじん切り) 少々
適量
こしょう 適量
EX.V.オリーブ油 大さじ2

作り方

  1. 1.バケットをスライスし(1人2枚計8枚)、グリドル(またはフライパン等)を熱し、バケットを並べしっかりと焼き色をつけ、にんにくを両面に擦り付け、しっかり香りを移す。
  2. 2.天板にオーブンシートを敷き、赤ペペローニのグリル、黄ペペローニのグリルを広げ塩をし、180℃・0%のコンビモードのスチコンに約8分入れ、加熱解凍しておく。
  3. 3.オイルツナの油を切り、ケッパーは、みじん切りにする。
  4. 4.ボウルに②のペペローニとパセリのみじん切りを混ぜ合わせ、塩、こしょう、EX.V.オリーブ油で味を調える。
  5. 5.①に③をトッピングし、パセリを振る。