ズッキーニとモッツァレラチーズのカプレーゼ風サラダ

  • ズッキーニとモッツァレラチーズのカプレーゼ風サラダ
イタリア産ズッキーニのグリル(ごろごろカット)は、存在感のあるカットサイズで、メニューに野菜感を出すことができます。またじっくり水分を飛ばしたズッキーニは、食感も良く、甘味があり、フレッシュのズッキーニでは出せない仕上がりになり、サラダの具材としても最適です。ビュッフェ向けに分量を作成しています。

材料(10人)

イタリア産ズッキーニのグリル(ごろごろカット) 250g
1.2g
オリーブ油 5g
トマト 300g
トレビス 30g
モッツァレラチーズ 200g
EX.V.オリーブ油 40g
3g
こしょう 0.05g
バジル 2枚

作り方

  1. 1.ズッキーニのグリル(ごろごろカット)は、塩をふり、オリーブ油をあえ、ホテルパンに広げる。スチームコンベクションコンビモード180℃、湿度0%、20分調理する。
  2. 2.トマト、トレビス、モッツァレラは、適当な大きさに切る。
  3. 3.ボウルに①、②を入れ、塩、こしょう、EXオリーブ油で調味する。
  4. 4.器に盛り付け、バジルの葉を飾る。

このページのトップへ