[トマトの栄養リコピンとは]ドライトマトでも摂取できるの?

栄養・効果

[トマトの栄養リコピンとは]ドライトマトでも摂取できるの?

監修:

トマトに多く含まれるリコピンは、抗酸化作用が強いことで知られるカロテノイドの一種です。体へのリコピンの吸収率は、トマトの調理法によっても変わってきます。ここではその特徴と、効率的に摂る方法を紹介します。

どんなトマトに多い?

トマトの色や品種によってリコピンの量は変わります。その名も「高リコピントマト」が最も多く、約15mgが含まれています。そのほか、ピンク色のトマトで約3mg、赤色のトマトで約10mg含まれています(すべて生トマト100g中/カゴメ調べ)。

リコピン量はトマトの品種や色によって変わる

●食べ方
生食でもいいですが、ミキサーにかけたり、すりつぶしたりすると、細胞壁が壊れてリコピンの吸収率が良くなります。加工用の赤色のトマトで作られるトマトジュースやトマトピューレー、トマトケチャップなどの加工品を利用するのもおすすめです。

トマトジュースなどの加工品はリコピンの吸収率が良い

加熱すると?

トマトを加熱すると細胞壁が柔らかくなり、壊れやすくなるので、リコピンを吸収しやすくなります。また、リコピンは熱に強いので、炒めたり煮込んだりしても含まれる量はあまり変わりません。

トマトを炒めたり煮込んだりするとリコピンを吸収しやすくなる

●食べ方
リコピンにはもともと油に溶けやすい性質があるので、トマトソースのパスタなど油を使って調理すると、さらに吸収率が上がります。

リコピンは油に溶けやすいので油を使った調理で吸収率が上がる

リコピンを効率良く摂る方法はコチラ

乾燥させると?

トマトを乾燥させると、水分が蒸発することでリコピンが濃縮され、同じ重さなら生のトマトより10~15倍に増えます。

ドライトマトにすると水分が蒸発し、リコピンが濃縮される

●食べ方
ドライトマトを炒め物や煮物に使ったり、そのままサラダにトッピングしたりしてもいいでしょう。

ドライトマトの作り方はコチラ

最後に

加熱にも乾燥にも強いトマトのリコピンをいろいろな食べ方で摂取してください。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園