きゅうりやにんじんで作る、かわいいピクルス&酸味スープレシピ

調理する

きゅうりやにんじんで作る、かわいいピクルス&酸味スープレシピ

監修:

ロシアの料理といえば、ボルシチやビーフストロガノフ、ピロシキなどが有名ですが、実はピクルスも定番の家庭料理のひとつ。最近は飾り切りした野菜を漬け込み、見た目にも美しいピクルスが人気です。そんな「かわいすぎるピクルス」の作り方と、そのピクルスを使ったスープのレシピを、ロシア料理研究家の田口タチアナさんに教えていただきました。

身近な野菜で作る!ロシア風ピクルス

身近なスーパーなどで手に入る野菜で、作ることができます。

ピクルスは、身近なスーパーで手に入る野菜で作ることができる

材料(1リットル瓶用)

  • にんじん、きゅうり、パプリカ、プチトマト、カリフラワー:合わせて350~400g
  • ニンニク:1/2片
  • ディル、イタリアンパセリ:合わせて20g程度(野菜の約5%)

[A]

  • 水:500ml
  • 塩:大さじ1
  • 砂糖:大さじ1
  • 粒こしょう:6~8粒
  • ローリエ:1枚
  • 七味とうがらし:少々(お好みで)
  • (酸度4.5%の場合):100ml
    リンゴ酢でもおいしく作れます。

作り方

  1. ディル、イタリアンパセリの茎と葉を分け、ニンニクは縦半分に切る。
  2. パプリカはヘタと種をとり、にんじんは皮をむいて、上1/3を飾り切り用、下2/3を細切り用として切り分ける。
  3. パプリカとにんじん2/3を、食べやすい長さの細切りにする。カリフラワーは小房に切り分け、プチトマトは3カ所ほどようじで穴を開けておく(漬け込み中に皮が破れるのを防ぐため)。
  4. 飾り切り用のにんじんを、厚さ1cmほどの輪切りにする。周囲にV字の切り込みを入れ、包丁で丸みをつけながら削って、下の写真のような花形にする。
    にんじんを花形に切る
    包丁で丸みを付けて仕上げる
  5. きゅうりを7cmほどに切って、縦半分にする。葉っぱの形に周囲を切り、包丁で筋を入れる。
    きゅうりに包丁で筋をいれる
    カットしたピクルスの材料
  6. 煮沸消毒したガラス瓶(1リットル)に野菜、ディルとイタリアンパセリの茎、ニンニクを入れる。外側に飾り切りした野菜やトマトが見えるように入れ、内側に細切りにした野菜を入れ、隙間なく詰める。最後にディル、イタリアンパセリの葉をのせる。
    ガラス瓶に野菜を入れる
  7. Aを混ぜ合わせて火にかけ、沸騰したら火を止めて酢を入れ、漬け汁を作る。
    漬け汁を作る
  8. 6の瓶に熱いままの7を少しずつ注ぎ、しっかりとふたをして10分ほど湯せんする。
    しっかりとふたをして湯せん
  9. 空気や雑菌が入らないよう、瓶を逆さまにして冷ましてから、冬場は冷暗所、夏場は冷蔵庫で、1週間ほどおいておけば完成。

完成したピクルスは、冷蔵庫で保存し、2カ月ほどで食べきりましょう。

完成したピクルス

家庭料理の定番!ピクルスのスープ「サリャンカ」

ロシアの家庭で、ボルシチよりもよく作られる「サリャンカ」。ピクルスを使った酸味のあるスープで、ライ麦パンやトーストを添えていただきます。

ピクルスを使った酸味のあるスープ、サリャンカ

材料(4人分)

  • 水:1リットル
  • 骨付きのリブ肉(牛または豚):150g
  • サラミ、ベーコン、ソーセージ:合わせて150g
  • タマネギ:1個
  • きゅうりのピクルス:40g
  • ピクルス汁:40ml
  • じゃがいも:大1個
  • にんじん:1/2本
  • トマト:中玉1個
  • トマトピューレ:大さじ1
  • ローリエ:1枚
  • 塩:大さじ1/2
  • こしょう、ディル、マヨネーズ、レモン:適量
  • サラダ油、もしくはひまわり油:適量

作り方

  1. 鍋に水と、肉を入れて火にかけ、煮立ってきたらあくを取る。弱火にしてローリエを入れ、ふたをして肉が柔らかくなるまで40分ほど煮る。
  2. タマネギはみじん切り、ピクルス、皮をむいたにんじん、サラミ、ベーコン、ソーセージはそれぞれ長さ2~3cmほどの千切りに。じゃがいもは拍子切り、トマトは1cm程度のザク切りに。
  3. フライパンに油をひき、タマネギをあめ色になるまで炒める。にんじんを入れて軽く火を通し、トマトとトマトピューレを入れてさらに炒めておく。
  4. 別のフライパンに油をひき、ピクルスを軽く炒め、ふたをしてさらに10分ほど弱火で炒める。
  5. 1の鍋にじゃがいもを入れ、煮立ったらサラミ、ベーコン、ソーセージ、ローリエを加える。
  6. じゃがいもが柔らかくなったら、3、4を加え、塩とこしょうで味付けしてピクルス汁を加える。
  7. 煮立ったら火を止め、ふたをして20~30分おく。皿によそってマヨネーズをトッピングし、ディルとレモンを飾って完成。

最後に

ピクルスはスープ以外にも、刻んでディップに入れたり、サラダといっしょに食べたりしてもいいでしょう。お手製ピクルスを料理に生かしてみてください。

田口タチアナ

田口タチアナ

ロシア料理教室主宰/ロシア料理講師 

2001年来日。 2003年からロシア語教室やロシア料理教室で講師を勤め、ロシア文化を広く発信。2008年からはロシア料理教室「カラワイ」を主宰する傍ら、ロシア料理やロシア語教育など幅広い分野で活躍。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2018.07.25

文: VEGEDAY編集部
写真:八田政玄
監修:田口タチアナ、カゴメ

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園