ニュースリリース ニュースリリース

食前の野菜ジュース摂取でメタボ予防に期待!
"野菜ジュースファースト"の血糖値上昇抑制効果は
ベジタブルファーストと同等であることが判明!

2016年8月24日


カゴメ株式会社(社長:寺田直行、本社:愛知県名古屋市)は、食前に野菜ジュースを飲む「野菜ジュースファースト」による食後血糖値の上昇抑制効果は、食前に野菜を食べる「ベジタブルファースト」と同等であることを、ヒト試験で明らかにしました。

また、今回の試験条件においては、野菜ジュースを食事の30分前に摂取した場合に、最も効果が高いことが示されました。

■ 本研究の目的

野菜には、血糖値の上昇を抑える食物繊維などの成分が含まれており、食前の野菜摂取や野菜ジュースの飲用により、食後の血糖値上昇が穏やかになることが明らかになっています。
そこで本研究では、野菜サラダまたは野菜ジュースを食前に摂取した場合の食後血糖値の上昇抑制効果の違いや、それぞれの効果的な摂取タイミングについて明らかにすることを目的としました。

■ 方法と結果

25歳以上50歳未満の健常成人男女24名に対して「白米摂取の10分前または30分前に野菜サラダ」、「白米摂取の10分前または30分前に野菜ジュース」、「白米摂取の30分前に水(コントロール)」を
摂取していただき、食後血糖値の変化を調べました。

この結果、白米摂取前に野菜サラダまたは野菜ジュースを摂取すると、推移は異なるものの、共に食後血糖値の上昇を抑えられることがわかりました。また、それぞれ10分前より30分前に摂取した方が
血糖値の上昇を抑える効果が高く、白米摂取の30分前に野菜ジュースを飲んだ場合に、最も効果が高いと考えられました。


→ 詳しい内容は、こちらをご覧ください。