品質方針
カゴメのこだわり
カゴメの原料調達の基本
産地選び
種の検査
畑の確認
栽培指導
出荷
ISO認証取得 / HACCP
工場行動指針
放射性物質の検査
残留農薬検査
パツリン検査
微生物の検査
容器の密封性検査
品質方針
 
 
トップ 原料調達の基本 産地選び 種の検査 畑の確認 栽培指導 出荷

いい産地を選びます。

契約栽培の例として、トマトジュース用の国産トマトのケースをご紹介しましょう。

作物によって適した気象条件や環境は異なります。トマト農家との契約栽培は、まずトマトを栽培するのに適した産地を選ぶところから始まります。

カゴメでトマトを受け入れて加工する工場は、那須(栃木県)にあります。

トマトの旬は夏ですが、トマトジュースの生産が一時期に集中しすぎないようにしなければなりません。そのため、産地の気温差及び作付時期の組合せ等を利用してさまざまな産地の農家と契約栽培を行っています。


当社ではお客様にご安心いただけるよう、平素より安全な商品の製造と供給に努めております。
東日本大震災、福島原発事故の状況を踏まえ、当社製品に使用している原料・水に関しましては、収穫時期や産地情報、行政によるモニタリング状況など関連情報の確認はもとより、自社でも検査を行なっておりますので、安全性に問題はございません。
カゴメでは、今後も引き続き安全性の確認を徹底してまいりますので、安心してお召し上がりください。

国産カゴメトマトジュースの生産における放射性物質の検査について
東日本大震災関連のお知らせ

このページのトップ

サイト内検索
  • ご利用ガイド
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • コミュニティガイドライン
  • サイトマップ
  • English

Copyright (C) KAGOME CO,. Ltd. All rights reserved.