シェフのおすすめメニュー レシピ一覧

全て
  • 冷製カポナータ ポーチドエッグとプロシュートを添えて
    【提供価格:600円】 【原価:200円】
    4種類のグリル野菜を、濃厚なトマトソースと合わせた「菜園風野菜のカポナータ」に、ポーチドエッグと生ハムを添えて色鮮やかな冷製タパスにアレンジしました。「菜園野菜のカポナータ」は、解凍してセルクルで成型することで洗練された印象に。パルメザンチーズと黒こしょうをふって、味のメリハリをつけるのがポイントです。ワインのつまみに、バゲットを添えれば軽い食事としても提供できます。

    ※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。
  • 炙りしめさばと2色ズッキーニのマリネ
    【提供価格:400円】 【原価:150円】
    素材の甘みとほのかな酸味が効いた「2色ズッキーニのマリネ」と、しめさばを重ねてひと口サイズの前菜に仕立てました。ズッキーニの甘みとしめさばの酸味のほどよいバランスは、ワインが進む味わいです。ズッキーニのマリネのやさしい味わいを生かすため、しめさばは酢をあまり強めにしないのがコツ。盛り付ける前に炙って外側は香ばしく、中はレアな食感に仕上げるとお互いの個性が引き立ちます。

    ※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。
  • サーモンとアンチョビポテトの焼きマリネ
    【提供価格:620円】 【原価:220円】
    「スモールポテトのアンチョビガーリック風」と生鮭をオリーブ油でソテーし、熱いうちにアンチョビとガーリックの風味が効いたポテトのオイルソースと絡めるだけで完成。“サーモンとポテト”の王道の組み合わせは、ワインとの相性も抜群です。ねっとりしたスモールポテトの食感も魅力の一品。大皿で提供してもいいでしょう。

    ※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。
  • ムール貝とペペローニ・きのこのコンフィ
    【提供価格:500円】 【原価:185円】
    赤・黄色のペペローニが色鮮やかな「エビとペペローニのアヒージョ」に、ムール貝を加えて贅沢感たっぷりのコンフィに仕立てました。アヒージョのオイルの風味、具材の味わいや食感を生かすため、沸騰しないように加熱するのが調理のポイント。ムール貝のうま味が加わって、より深みのある味わいに仕上がります。バゲットを添えて、ソースを最後まで楽しんでいただける一品です。

    ※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。
  • トマトと野菜のパンツァネッラ
    【提供価格:950円】 【原価:285円】
    「パンツァネッラ」は、イタリア中部・トスカーナ地方の伝統料理。硬くなったパンを水に浸して絞り、トマト、きゅうり、たまねぎなどの野菜を加え、オリーブ油とビネガーで調味する素朴なサラダです。今回は、サラダ自体にはトマトを加えず、「スーゴディポモドーロ」に赤ワインビネガー、オリーブ油を加えた爽やかな酸味のソースを添え、ドレッシングのように混ぜながら食べるスタイルに。「スーゴディポモドーロ」のさわやかなトマトの味わいに相性抜群のバジルが香り、ビネガーのキリッとした酸味、野菜とパンの食感が一体となって何度でも食べたくなる味わいになります。

    ※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。
  • トマトパッツァ
    【提供価格:1200円】 【原価:447円】
    「トマトパッツァ」は、南イタリア・カンパーニア地方の郷土料理「アックアパッツァ」(ブイヨンなどを使わず、水とトマト、白ワインなどで魚介を煮込んだ料理)に発想を得て、トマトソースでアレンジをしたイタリア料理の新・創作メニューです。今回は、白身魚(ホウボウ)とムール貝を「スーゴディポモドーロ」だけで煮込んで仕上げました。「スーゴディポモドーロ」の凝縮感のあるしっかりとしたトマトの風味が、魚介のうま味を引き出し、奥行きのあるおいしさを生み出します。

    ※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。
  • メカジキとモッツァレラチーズのグラティナーティ
    【提供価格:1,200円】 【原価:380円】
    モッツァレラチーズ、パルメザンチーズ、バジルを巻き込んだメカジキに、「スーゴディポモドーロ」をたっぷりとかけて、香ばしいグラティナーティ(パン粉焼き)に仕立てました。「スーゴディポモドーロ」の鮮やかな赤色も、おいしさを引き立たせるポイントです。オーブンで焼き上げることで、水分が飛んで「スーゴディポモドーロ」の味がさらに凝縮し、メカジキのうま味と一体となった濃厚なうま味が楽しめる一品になりました。巻くチーズは、プロセスチーズやミックスチーズでもまた美味。

    ※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。
  • ワタリガニのフレーグラ
    【提供価格:1,200円】 【原価:335円】
    「フレーグラ」は、イタリア・サルディーニャ特有のパスタの一種で、魚卵のような丸い粒々の形状が特徴。サルディーニャ料理が看板の「タロス」では、フレーグラを使った料理は人気です。今回は、トマトのさわやかな風味と濃厚なうま味が魅力の「スーゴディポモドーロ」でワタリガニを煮込んでうま味を引き出し、さらにフレーグラにそのうま味を吸わせながら仕上げ贅沢な一品に仕立てました。

    ※提供価格は、参考までにお伺いしたものです
  • イタリア産 黄ズッキーニムースとエビとチアシード入りトマトジュレ
    【提供価格:950円】 【原価:250円】
    「黄ズッキーニのグリル(銀杏カット)」を鮮やかな黄色としっかりとした甘みが生きたなめらかなムースに仕上げ、酸味のきいたトマト水(トマトをミキサーにかけて、透明な水分のみを抽出したもの)のジュレと2層にして、口当たりがよく華やかな冷前菜に仕立てました。トマトジュレのほどよい酸味が黄ズッキーニの甘みを引き立て、合わせて食べることでより奥行きのある味わいになります。トマトジュレにチアシードを加えて食感のアクセントとしています。

    ※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。
  • 黄ズッキーニのポタージュ ドライトマト添え
    【提供価格:700円】 【原価:170円】
    「黄ズッキーニのグリル(銀杏カット)」の美しい黄色と自然で濃厚な甘みがストレートに味わえる、やさしい味わいのポタージュ。黄レンズ豆と合わせることで、鮮やかな黄色が際立ちます。仕上げに「ドライトマトのオイル仕立て(トッピング用)」を飾り、酸味をアクセントにして濃厚ながら飽きのこない味わいにしています。黄ズッキーニはオーブンで加熱解凍することで、ドリップを出さずに素材の味を凝縮。火が通っているので、煮込み時間も短縮することができます。夏場は冷製で提供してもよいでしょう。

    ※提供価格は、参考までにお伺いしたものです。

このページのトップへ

このサイトマップを表示しない このサイトマップをここに表示する

表示: スマートフォン版 | PC版