品質方針
カゴメのこだわり
カゴメの原料調達の基本
産地選び
種の検査
畑の確認
栽培指導
出荷
ISO認証取得 / HACCP
工場行動指針
放射性物質の検査
残留農薬検査
パツリン検査
微生物の検査
容器の密封性検査
品質方針
 
 
トップ 原料調達の基本 産地選び 種の検査 畑の確認 栽培指導 出荷

すべての畑を確認します。

トマトの苗が10cmを超えた4月ごろから、関東を皮切りにトマトの植付け(定植)が始まります。 定植が終わると、カゴメの担当者がすべての畑を確認します。これを定植調査といいます。

定植調査では、栽培農家の氏名、面積、品種、本数、植付け月日、畑の地番と地図、周辺環境などが確認され、畑にはカゴメとの契約栽培である印として立て札が立てられます。

調査結果はカゴメにて保管されます。すべての畑を把握することで、なにか問題が発生したときに迅速な対応が可能です。

定植されたトマトの苗
定植されたトマトの苗   定植直前の苗
   
トマトの本数や周辺作物の確認 畑に立てられた確認の立て札
トマトの本数や周辺作物の確認 畑に立てられた確認の立て札
 

このページのトップ

サイト内検索
  • ご利用ガイド
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • コミュニティガイドライン
  • サイトマップ
  • English

Copyright (C) KAGOME CO,. Ltd. All rights reserved.