カゴメの人

遠藤 亮太

2010年入社

農資源開発部野菜開発グループ

遠藤 亮太

2010年入社

農資源開発部野菜開発グループ

野菜原料の品種選定や栽培技術開発に取り組んでいます

プロフィール
総合職(研究スタート)
農業系/修士卒
カゴメでのあゆみ
農資源開発部栽培技術グループ:4年
農資源開発部生鮮トマト・野菜開発グループ:3年
農資源開発部野菜開発グループ:4年目(現在)

※この情報は2021年1月時点のものです。

カゴメを選んだ理由は?

学生時代より「野菜の品種開発の仕事がしたい」との思いがありました。
品種開発を専門とする種苗会社は種が最終商品である一方で、カゴメは種から食卓までワンストップで価値創造をしている点に、魅力を感じて志望しました。

現在ご担当されているお仕事の内容は?

カゴメが使用する、野菜原料の品種選定や栽培技術開発に取り組んでいます。対象は葉菜類や根菜類、生鮮向けや加工向けなど様々です。トマトを扱っていない点は社内でも稀ですが、全社目標である「トマトの会社から野菜の会社」と直結する、やりがいのある仕事だと思っています。

現在の仕事の「やりがい」や「苦労」を教えてください。

カゴメはトマトに関する経験や知識は、他のどの会社にも引けを取りませんが、その他野菜に関してはまだ発展途上です。私はトマト以外の野菜を扱った仕事をしているので、チャレンジングな業務が多い点に苦労していますが、それが逆にやりがいにも繋がっています。

休日の過ごし方は?また、趣味について教えてください。

研究所がある栃木県の那須塩原市は自然豊かな所です。アウトドア活動が趣味なので、夏は山に登ったり、渓流に入って釣りをしたり。冬はスキーやスノーボードに行ったり、温泉を巡ったりして楽しんでいます。時には付近の山だけでなく海にも行きたくなるので、月に数回は車で茨城や福島の海まで走って、釣りに行きます。

最後に、これから就職活動を迎える学生さんに一言メッセージを…

仕事を通じて何を実現したいのかを、より具体的にイメージして企業を選んでください。何となくやる仕事より、自らが思いを持って取り組める仕事を選んだ方が、きっと充実した未来になります。もし、皆さんの思い描く未来と、カゴメが重なるようであれば、一緒に働きましょう!!カゴメの中には、一人一人が夢の実現に向けてチャレンジできる風土や仕組みがありますよ。

カゴメの人一覧に戻る