環境方針と中期環境計画環境方針と中期環境計画

品質・環境方針

自然の恵みを活かして人々の健康に貢献してきた当社のモノづくりは、「畑が第一の工場」との考えのもと、野菜の種子や土づくりから取組み、安全で高品質な原料づくりを基本としてきました。その自然の恵みを享受し続けるためには、豊かな自然環境のもとでの持続的な農業の営みが欠かせず、地球環境の保全と自然を活かしたモノづくりを両立させていくことは、当社の事業活動が将来にわたり成長し続けるために不可欠なことです。
このような品質(モノづくり)と環境に関する理念の共通性や活動上の関連性から、従来それぞれに「品質方針」「環境方針」として掲げられてきたものを統合し、「品質・環境方針」として2017年10月に制定しました。当社が情熱を込めて取り組んできたモノづくりと同じ想いで環境保全活動にも注力することで、持続可能な社会の実現を目指す、という経営の意思がこの「品質・環境方針」に込められています。

品質・環境方針(2017年10月1日制定)
  • 1.野菜によるおいしさと健康価値で、大切な人の健康長寿に貢献します。
  • 2.国内外のパートナーと種子・畑から一貫した安全な農産原料づくりに取り組みます。
  • 3.野菜を育む水・土・大気を守り、豊かな自然をつくる農業を未来につなげ、得られた恵みを有効に活用します。
  • 4.法令や自主基準を順守し、しくみや行動をレベルアップし続けることで、安全で環境に配慮した商品をお客様にお届けします。
  • 5.お客様へ商品やサービスの確かさをお伝えしつつ、お客様の声を企業活動へ反映します。

事業におけるリスクと機会

カゴメは事業におけるリスクと機会を特定し、環境に関する対応計画を立案し取り組んでいます。
リスクにおいては、地球温暖化により頻発する世界的な異常気象(猛暑/冷夏、干ばつ/豪雨)による農産物への被害は現実のものとなっており、農産物を主原料とする当社にとっては、原料調達が途絶することが事業存続に関わる最大のリスクと捉えています。また、工場操業に伴う排水、排気、廃棄物等に関しては、これらに関する法律や条例を順守していますが、万一違反してしまった場合、工場の操業を停止せざるを得なくなる事態も考えられ、これらも事業継続にとってのリスクと考えています。
また機会については、当社が目指す農業振興や持続的な農業は、農地が自然環境の中で多様な生物と共生することにより実現できるものであり、農事業を推進していくことは、生態系や生物多様性の保全に貢献できる機会になるものと考えています。

第6期中期環境計画(2016~2018年度)

■第6期中期環境計画の方向性

当社をとりまく内外の動向を考慮し、環境パフォーマンスの改善や将来への布石となる課題を盛り込んだ下記の中期環境計画を掲げて取り組んでいます。
課題の多くは、世界の社会課題を示すSDGs(※)と一致していますが、今後もSDGsをひとつの指針として、カゴメが力を発揮できる問題の解決に邁進していきます。
※)Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)。

■第6期中期環境計画

基準年度2015年(達成年度2018年)
環境方針 行動基準
環境方針の実現に向けての行動のあり方
第6期中期環境課題(2016-2018)
課題
【1】原材料と商品への配慮
人々の健康や地球環境に配慮した原材料を使い、安全で価値ある商品の提供に努めます。
① 農産物のサステナブルな調達 ●国内加工用トマトの持続可能な原料調達の推進
●グローバル加工トマトにおけるサステナブルファーミングの研究
② 環境に配慮した商品の導入 ●環境配慮型商品の開発・導入の推進
【2】廃棄物削減、資源循環
地球の資源を無駄なく活用するとともに、廃棄物の削減を目指します。
① 原材料・資源の最大活用と3Rの推進 原料調達から製品流通までにおける廃棄物削減の推進
●原材料、資源調達における廃棄削減
●SCM機能強化による製品廃棄削減
営業活動における廃棄物削減の推進
●販促物の効率的な活用によるツール廃棄削減
廃棄物のリサイクルによる資源循環の推進
●植物性余剰物・汚泥再資源化率100%の維持
●国内全6工場でのゼロエミッション維持
●生産余剰物量(生産量対比)を3%以上削減
●食品リサイクル率の向上(95%以上を維持)
② 水資源の効率的使用と水源保全 ●工場での用水使用量原単位3%以上削減
●工場周辺の水源への配慮(カゴメの森での水源涵養活動)
【3】CO2削減
地球温暖化につながるCO2の排出抑制に努めます。
① エネルギー資源の効率的使用とCO2の削減 国内グループ会社のCO2排出量の管理・削減の推進
●エネルギー原単位を3%以上削減(改正省エネ法への適正対応)
●国内6工場におけるCO2排出量(生産量対比)を3%以上削減
●生鮮トマト栽培におけるCO2排出量(品種別生産数量対比)を3%以上削減
●物流におけるCO2排出量(販売重量対比)を3%以上削減
●オフィス部門におけるCO2排出量(売上対比)を3%以上削減
【4】全員参加の活動
すべての事業所で環境保全活動に取り組みます。
① コンプライアンス強化によるリスク管理 ●環境関連法の遵守徹底
●産業廃棄物管理強化
② EMS体制の再構築 ●海外を含めた環境マネジメントの実働化
●ISO14001規程改定への対応と全社統合による効率化
③ ステークホルダー向けの情報発信 ●カゴメからの環境関連情報の発信