自然を、おいしく、楽しく。KAGOME

企業情報サイト

ホームへ戻る> もっと知りたい トマトと野菜

もっと知りたいトマトと野菜 とれたての野菜を使って、おいしい料理を作りませんか?

トマトのコトをもっと知りたい! トマト大学

読めばトクする

トマトの語源は「膨らむ果実」

「ポモドーロ」「ポム・ダムール」「ラブ・アップル」 トマトの語源と各国での呼び名

トマトという呼び名は「膨らむ果実」を意味する「トマトゥル」からきています。はるか昔、メキシコ湾をのぞむベラクルス地方のアステカ人がこう呼んだのが始まりです。トマトゥルとは元来「ホオズキ」を指し、メキシコではホオズキを煮込んで料理に使っていたところから、形がよく似たトマトも同じ名前で呼ばれたようです。

明らかになるトマトの機能と効能

トマトの赤い色素は「リコピン」 注目される「リコピン」の抗酸化作用

トマトの赤い色素「リコピン」には、様々な生活習慣病の原因となる活性酸素を消去するはたらき=「抗酸化作用」があります。
世界各地でリコピンに関する研究が行われているほか、カゴメ総合研究所も大学・研究機関と共同研究を行い、その効能を確認しています。

凛々子(ジュース用トマト)を育てよう! 凛々子(ジュース用トマト)を育てよう!りりこわくわくプログラム

りりこわくわくプログラム

「凛々子(りりこ)」は、カゴメが70年以上かけて開発した、ジュース用のトマトの名前。実が熟すと、まん中まで真っ赤になる。ほんのりすっぱくて、さっぱりとした甘さは、「大地の恵み」そのままの味だよ。

トマトキッチンスタジオ 今夜はやっぱり、トマトだわ! 今晩の献立を検索しよう!

今日のレシピ

おすすめレシピ

メタボ対策効果!野菜ジュースファーストのススメ

このページのトップ

サイト内検索
  • ご利用ガイド
  • プライバシーポリシー
  • ソーシャルメディアポリシー
  • サイトマップ
  • English

Copyright (C) KAGOME CO,. Ltd. All rights reserved.