農業振興・地方創生農業振興・地方創生

農業振興・地方創生に向けた取り組み

超高齢化や労働人口の減少が急激に進む地域では、農業生産基盤の脆弱化が問題となっています。当社は日本の農業の発展が、地域の活性化につながると考え、日本の農業の成長産業化に貢献していきます。

カゴメ野菜生活ファーム富士見

2019年4月、「農業・ものづくり・観光」が一体化した体験型「野菜のテーマパーク」をコンセプトに、「カゴメ野菜生活ファーム富士見」を長野県諏訪郡富士見町に開業しました。八ヶ岳の雄大な自然を背景に、野菜と豊かにふれあいながら、農業や食、地域の魅力を体験できる施設です。県内・県外から多くのお客さまにご来園いただき、地域や野菜の魅力を感じていただいています。

カゴメ野菜生活ファーム富士見

生産者や自治体と連携し、地域の農業と健康を応援

全国の自治体などと協定を結び、その地域の農産物を使用した商品の展開やレシピの共同開発、食育やトマトの栽培指導など、地域の農業振興や健康づくりに積極的に取り組んでいます。

長野県との協定式
長野県との協定式

「野菜生活100季節限定シリーズ」で日本を元気に

『野菜生活100』季節限定シリーズは、国産果実を使用した野菜・果実ミックスジュースで、地域の美味しさを全国の皆さまにお楽しみ頂く“地産全消”をコンセプトとしています。季節限定発売で、日本各地の旬の果実を手軽に美味しくお楽しみいただけます。本商品を通じて、日本各地の果実を全国にお届けし、日本の農業を応援いたします。2020年には、一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会が主催する『ソーシャルプロダクツ・アード 2020』の自由テーマ(生活者が「持続可能な社会」づくりに参加できる商品・サービス)において、優秀賞を受賞いたしました。

野菜生活100季節限定シリーズ
ソーシャルプロダクツ・アワード 2020

AIを活用した加工用トマトの営農支援事業

日本電気株式会社と共同で、2020年4月から、主に欧州のトマト一次加工品メーカーにむけて、AIを活用した営農支援事業を開始いたしました。熟練栽培者のノウハウを習得した AIを活用することで、収穫量の安定化と栽培コストの低減、及び、地球環境に優しい持続可能な農業の実現に貢献いたします。

北海道農業生産法人ミナミアグリシステムとのたまねぎ(生鮮・加工品販売)の合弁事業

当社は北海道農業生産法人有限会社ミナミアグリシステムテムとの合弁会社である「そうべつアグリフーズ株式会社(北海道有珠郡壮瞥町)を2020年2月に設立いたしました。そうべつアグリフーズでは、地元農家が栽培した北海道産のたまねぎについて、生たまねぎの販売及びたまねぎ加工品の製造と販売を行います。たまねぎの貯蔵庫や選果場、加工場には廃校の校舎・敷地を活用しており、農業振興や地元の雇用創出、地域の活性化などに貢献できると考えております。