[きゅうりとズッキーニの違い]分類も栄養も、こんなに違う!?

選ぶ・保存する

[きゅうりとズッキーニの違い]分類も栄養も、こんなに違う!?

監修:

春から夏にかけて旬を迎えるきゅうり。見た目がよく似ていて、旬の時期が重なるズッキーニ。カタチは似ていますが、どんな違いがあるのか、分かりやすくご紹介します。

きゅうり属のきゅうり、かぼちゃ属のズッキーニ

原産地や分類、伝来について紹介します。

●原産地

きゅうりはインドやヒラヤマが原産で、ズッキーニは北アメリカ南部からメキシコ地域が原産です。

●分類

きゅうりはウリ科きゅうり属、ズッキーニはウリ科かぼちゃ属に分類されます。

●伝来

きゅうりが日本に伝来したのは、平安時代中頃。中国南部の品種が伝わり、江戸時代末期に中国北部の品種が伝わったと言われています。日本に伝わった中国南部や北部の品種が交配され、日本国内に広く普及し、今では定番と言える野菜のひとつとなっています。
ズッキーニは、アメリカから輸入され、1980年頃から広まりました。瞬く間に人気となり、20年後の2000年度の輸入量は1,384t、さらに2012年度には約4倍の6,126tと急増しています(農林水産省、地域特産野菜生産状況調査)。

きゅうりとズッキーニの豆知識

●きゅうり

きゅうりの品種は世界に500種ほどあると言われており、日本産の品種は「白いぼきゅうり(華北型)」「黒いぼきゅうり(華南型)」「ピクルス型」の、大きく3つに分けられます。以前は、冬春に黒いぼきゅうり、夏秋には白いぼきゅうりが主に栽培されていました。しかし、現在では果実全体が緑色で、皮が薄く歯切れのよい、白いぼきゅうりが生産量の大半を占めています。

●ズッキーニ

ズッキーニは、太いきゅうりを思わせる色や形が一般的でしたが、最近では緑色だけでなく、薄黄緑色、黄色といった品種も。形状も、丸いボール型やUFO型など、ユニークなものが続々登場しています。

きゅうりとズッキーニの栄養の違い

きゅうりとズッキーニは栄養面でどのように違うのでしょうか。水分は、きゅうりが95.4%、ズッキーニが94.9%と、どちらもほどんとが水分です。β-カロテン、ビタミンK、ビタミンC、カリウムを比較してみると、カリウムはズッキーニのほうが多く差がありますが、残りの栄養素はほぼ同数値になります。

きゅうりとズッキーニのβ-カロテンとビタミンKの比較のグラフ
きゅうりとズッキーニのビタミンC、カリウムの比較のグラフ

最後に

きゅうりとズッキーニの違いを知って、料理に取り入れてください。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2021.08.04

文:アーク・コミュニケーションズ
イラスト:林タロウ
監修:カゴメ
参考文献
『新・野菜の便利帳 おいしい編』板木利隆監修(高橋書店)
出典:
独立行政法人農畜産業振興機構 月報野菜情報 2008年5月 今月の野菜「きゅうり」(きゅうりの原産地、種別、伝来、品種)
北陸農政局 今月の園芸特産作物 5月「きゅうり」
独立行政法人農林水産消費安全技術センター「大きな目小さな目 2015年夏号(No.41)」(ズッキーニの原産地、種別、伝来、生産量)
文部科学省「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」野菜類

野菜のQ&A
  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園