健康寿命の延伸健康寿命の延伸

食による健康寿命の延伸に向けた取り組み

当社の使命は、野菜の力で健康寿命の延伸に貢献することです。長期ビジョンに「トマト」の会社から「野菜」の会社になることを掲げ、野菜を手軽に・おいしく摂取できる商品の開発や野菜の機能性研究、健康価値の情報提供に取り組んでいます。

野菜をとろうキャンペーン

当社は日本の野菜不足をゼロにすることをめざし、2020年1月より「野菜をとろうキャンペーン」を開始しました。厚生労働省が推進する「健康日本21」では、成人1日当たり野菜350g以上の摂取が推奨されていますが、平成22年~令和元年の「国民健康・栄養調査」(厚生労働省)によると、目標量に対して平均約60g不足しています。
『野菜をとろう あと60g』をスローガンに、多くの企業や団体とも協働して、前向きで楽しい野菜摂取方法を提案しています。

野菜をとろうキャンペーン

健康サービス事業の展開

企業にとって従業員の健康管理は、重要な経営課題として関心が高まっています。当社の健康事業部では、企業や自治体向けに健康増進をサポートするサービスを開発・販売しています。健康セミナー、eラーニング、野菜摂取量推定機「ベジチェック®」などのサービスを通じて、食生活の改善や野菜摂取をサポートいたします。

ベジチェック
野菜摂取量推定機「ベジチェック®

野菜摂取行動を促す仕組みの研究

様々な環境において、人々に野菜摂取行動を促すことのできる手法や仕組み明らかにし、野菜を摂りやすい環境を整えていくことを目的として、オープンイノベーションを推進し、各種研究機関・団体の研究者の皆様との共同研究を進めます。