環境マネジメント環境マネジメント

環境マネジメントシステム

品質・環境方針と全社環境マネジメントの運用

国内カゴメグループでは、2017年に制定した品質・環境方針とカゴメ環境マネジメントシステムに基づき、社長以下全部門・全事業所の役割を明確化し、環境マネジメントシステム(EMS)の継続的な改善に努めています。
具体的には、品質・環境方針に沿って環境マネジメント3ヵ年計画を定め、その目標の達成に向け年度ごとの目標を設定しています。各部門・事業所は、年度目標に沿って環境保全活動を推進し、経営層、各部門長・事業所長が活動実績について定期的にチェック・アンド・レビューすることで、次年度の目標や取り組み方針を設定しています。

EMS体制図
EMS体制図

ISO14001認証取得状況

カゴメは、ISO14001に基づく環境マネジメントシステムを運用しており、外部監査員による環境監査と、社内監査員による内部監査を実施し、環境マネジメントシステムの適正な運用と高度化に努めています。
2019年7月現在、国内全6工場及び品質保証部、生産技術部を対象範囲としてISO14001:2015の認証を取得しています。

ISO14001:2015 審査登録証

●ISO14001認証対象事業所
ISO14001認証対象事業所

環境会計

環境会計については、環境省「環境会計ガイドライン(2005年版)」を参考に、適切な取り組みを進められるよう適宜項目を見直しています。カゴメにおいて、2019年度は、投資、費用合わせて1,246百万円を投入しました。

(単位:百万円)
項目・内容 投資額 費用額
事業エリア内コスト ①公害防止コスト 大気汚染防止、水質汚濁防止、大気・水質の分析・測定など 45 316
②地球環境保全コスト CO2削減、省エネルギー、オゾン層破壊防止など 60 185
③資源循環コスト 資源の効率的利用、廃棄物再資源化など 0 157
①②③の合計 105 658
上・下流コスト 容器包装の再資源化委託料など 0 166
管理活動コスト 環境マネジメントシステム運用、環境教育など 0 301
研究開発コスト 環境負荷低減のための研究開発活動 0 2
社会活動コスト 環境美化、公害対策賦課金、関連団体活動費など 0 15
環境損傷対応コスト 0 0
合計 105 1,141
(2019年1月~12月)