[野菜で作るディップ]さつまいもや小松菜など簡単レシピ5選

調理する

[野菜で作るディップ]さつまいもや小松菜など簡単レシピ5選

監修:

親しい人が集まるおもてなしの場に欠かせないのが、手に取りやすく、食べやすいフィンガーフード。なかでも、野菜やクラッカーにディップを添えたものは、定番メニューのひとつです。
ディップといえば、マヨネーズやクリームチーズを使ったものをイメージするかもしれませんが、野菜で作ったディップはおいしいだけでなく、鮮やかな色味でテーブルに華を添えてくれます。今回は、秋冬に旬を迎える野菜を使った、5種類のディップのレシピと作り方を紹介します。

ディップ作りに必要なのは、4つの材料だけ

ディップ作りに必要な材料は、メイン野菜・香味野菜・つなぎ野菜・水の4つだけ!

野菜ディップ作りに必要なのは、下記の4つの材料です。おいしく仕上げるポイントは、それぞれの野菜の種類と分量のバランスにあります。

①メインの野菜
かぶやごぼうなど、うまみが凝縮された旬の野菜を使います。
②香味野菜
タマネギ、にんじん、セロリなど。メインの野菜の20%弱の量が目安。
③つなぎの野菜
じゃがいも、ゆりねといった、でんぷん質の野菜。メインの野菜の約15%の量が目安。
④水、またはベジブロス(野菜だし)
手軽に作るなら水でOK。コクを出したい場合は、ベジブロスを使います。調理に使う鍋に、ひたひたの量が目安。

3ステップで完成!手軽な秋冬野菜ディップ

ディップ作りの工程は、「炒める」「煮る」「かくはんする」の、たったの3ステップ。ここでは、5つのレシピに共通する[基本の調理工程]をご紹介します。

[基本の調理工程]
1. 材料を適当な大きさに切る。鍋にオリーブオイルを熱し、弱火で香味野菜を炒める。香りが立ってきたら、メインの野菜とつなぎの野菜も加え、くったりなるまで炒める。

基本の調理工程1:弱火で香味野菜を炒め、香りが立ってきたら、メイン野菜とつなぎ野菜も加え、くったりなるまで炒める

2. 全体に油が回ったら、水(またはベジブロス)を加え、弱火でやわらかくなるまで煮る。

基本の調理工程2:油が回ったら、水を加え、弱火でやわらかくなるまで煮る

3. ミキサーでかくはんし、塩、コショウで味をととのえる。味をすっきりさせたいときには、煮きり酢(酢を沸騰させてアルコール分を飛ばしたもの)を1滴加えると良い。

基本の調理工程3:ミキサーでかくはんし、塩、コショウで味をととのえる

この[基本の調理工程]さえ押さえておけば、それぞれの季節に合わせて、簡単に旬の野菜ディップが作れます。ここからは、でんぷん質の甘みや、深みのある香りといった、秋冬野菜の魅力を生かしたディップのレシピをご紹介します。

ディップだけじゃもったいない!広がるアレンジ料理

ディップのアレンジ料理:あえものを作る際の調味料、油と酢を加えてドレッシングに、魚料理やパスタのソース、だしを加えてスープに

今回紹介した野菜で作るディップは、さまざまな調味料や料理にアレンジできます。

  • あえものを作る際の調味料として、そのまま使う。
  • 油や酢を好みの配分で加えて混ぜ合わせ、ドレッシングに。
  • 刻んだ香味野菜やハーブを加えて、パスタや魚料理のソースに。
  • だしを適量加えてスープに。

ディップは、保存容器に移して冷蔵庫で約1週間、冷凍庫で約1カ月保存できます。多めに作ってストックしておくのも良いでしょう。

最後に

野菜のうまみを凝縮したディップで、料理の楽しみ方がぐんと広がります。おもてなし料理に、普段の食事のアクセントに、ぜひ役立ててみてください。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2018.07.02

文:KWC
写真:Getty Images(1・11枚目)、小林友美(2~10枚目)
出典:
『内田悟のやさい塾秋冬』内田悟著(メディアアクトリー)

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園