[野菜の切り方]絶対に使える!お弁当に入れたい野菜の飾り切り

調理する

[野菜の切り方]絶対に使える!お弁当に入れたい野菜の飾り切り

監修:

春は卒業や入学のお祝いをはじめ、おもてなしのニーズが高まるシーズンです。彩りをそえる野菜も、いつもとは異なり、飾り切りにしてみると見た目が美しく、華やかな印象に。れんこんやトマト、きゅうりなどを使った野菜の飾り切りの仕方を5つ、詳しく紹介します。

きゅうりとにんじんの末広切りの作り方

  1. きゅうりとにんじんをお好みの長さに切り、端を落としてから厚さ1cmくらいに切る。さらに一方の端を1/4ほど残して、写真のように切り込みを入れる。
    きゅうりとにんじんの末広切り1:端を1/4残して切り込みを入れる
  2. にんじんをお好みのだしと味付けで煮て、盛り付けるときに扇形に開く。きゅうりは切り残した部分に塩をつけ、なじませながら扇形に開く。
    きゅうりとにんじんの末広切り2:盛り付ける時に扇形に開く

れんこんの矢羽の作り方

  1. れんこんの1節を、皮ごと斜めに1cmの厚さに切る。
    れんこんの矢羽1:れんこんを皮ごと斜めに1㎝の厚さに切る
  2. 1の皮をむいて酢水(水1カップに酢小さじ1/2程度)につけてあくを取り、お好みのだしで煮る。煮上がったら、まず左右を切り落とし、次に中心を切る。
    れんこんの矢羽2:煮たれんこんの左右と中心を切る
  3. 中心を見せるように盛り付けると、はすの穴が矢羽のように見える。
    れんこんの矢羽3:中心を見せて盛り付けると矢羽の形に

花れんこんの作り方

  1. れんこんを薄切りにし、下の写真のように穴と穴の間に切り込みを入れて、間を切り落とす。
    花れんこん1:薄切りにしたれんこんの、穴と穴の間を切り落とす
  2. 穴のカーブに沿って曲線をつくりながら切り、花びらのようなかたちにする。
    花れんこん2:穴のカーブに沿って花びらのようなかたちに切る
  3. 酢を加えただしで2を煮て、白い花に仕上げる。
    花れんこん3:酢を加えただしで煮て白い花に

トマトのチューリップ切りの作り方

  1. トマトを8等分のくし形に切る。このとき、写真のように先端がしっかりと尖るように切るのがポイント。へたの部分は平らに切っておく。
    トマトのチューリップ切り1:先端がしっかりと尖るように8等分する
  2. 1の皮を下にしてまな板にぴったりと置き、トマトの尖った方に包丁を入れて、皮と果肉を切り離す。皮が薄いと花びらが立たなくなるので、厚めに切る。包丁は常にまな板と並行に動かしながら、トマトの果肉を起こしていくのがポイント。
    トマトのチューリップ切り2:まな板に置き、皮の尖った方から皮と果肉を切り離す
  3. 皮を少し残して包丁を外し、皮を指で曲げる。
    トマトのチューリップ切り3:皮を少し残してトマトを立て、皮を曲げる

花ネギの作り方

  1. ネギの白い部分を6~7cmに切り、手元1/4ほどを残して、包丁の先を使いながら細かくそぐように切る。
    花ネギ1:6~7cmに切ったネギの1/4ほど残し、そぐように切る
  2. 1を冷水にさらして、細かく切った部分をガーベラのように開かせる。
    花ネギ2:冷水にさらし、ガーベラのように開かせる

最後に

他にも、さまざまな飾り切りがあります。飾り切りにした野菜をそえ、見た目も美しい食事を楽しんでください。

きゅうりの蛇腹切りはコチラ

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2019.03.08

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
出典:全国農業協同組合連合会(料理をおいしくする切り方 野菜編)

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園