[保存容器の消毒]漬物やしそジュースなど容器の煮沸時間とは?

選ぶ・保存する

[保存容器の消毒]漬物やしそジュースなど容器の煮沸時間とは?

監修:

漬物やしそジュースなどを作って保存容器に入れておき、いざ食べようとしたときに傷んで台無しになっていたことはないでしょうか。今回は、飲み物や食べ物をできるだけ長くおいしく保存するために、容器の煮沸消毒の正しいやり方を紹介します。

事前準備

保存容器をよく洗い、十分にすすいで水気を拭き取る

食器用洗剤で保存容器の汚れをよく洗い、洗剤が残らないように十分な流水ですすいで、水気を拭き取っておきます。

煮沸消毒のやり方

●用意するもの

  • 鍋:保存容器が入る大きさ
  • お湯:適量
  • 耐熱性のあるビニール手袋

●手順

  1. 鍋にお湯(※1)、保存容器の本体とふた(※2)を入れて煮沸する。
    煮沸する際の温度と時間の目安は、下記の通り。
    ・100℃=30秒間
    ・80℃=5分間以上
    ・75℃=15分間以上
    ・沸騰してから5分間以上(温度計がない場合)

    1 ガラス容器を煮沸消毒する場合は、ガラスが割れないように、加熱前から水の中に容器を入れて煮沸します。
    2 ふたが本体と異素材の場合は、必ず耐熱温度を確認してください。
    鍋にお湯、保存容器とふたを入れて煮沸する
  2. やけどをしないように注意して保存容器を取り出し、清潔なふきんや金網などの上に伏せて置き、できるだけ早く乾燥させる。
    保存容器とふたを取り出し、乾燥させる

最後に

しそジュースや漬物がおいしく作れても、保存状態が良くないと早く傷んでしまいます。保存容器をしっかりと消毒して、できるだけ長く楽しめるようにしましょう。

[ショウガの保存]鮮度とおいしさを長持ちさせる超簡単保存法

[ニンニクの保存]余ったニンニクで作る便利な調味料4選

きゅうりやにんじんで作る、かわいいピクルス&酸味スープレシピ

[かんたん!しそジュースの作り方]味わい方、保存のコツも紹介

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2020.06.10

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
出典:
文部科学省「調理場における洗浄・消毒マニュアル」(調理器具、容器等の洗浄・消毒)
農林水産省「生の野菜や果物を安全でおいしく食べるために」(保存容器の煮沸消毒)

野菜のQ&A
  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園