[れんこんの穴の秘密]開いてる理由は呼吸、浮袋、ろ過のどれ?

選ぶ・保存する

[れんこんの穴の秘密]開いてる理由は呼吸、浮袋、ろ過のどれ?

監修:

れんこんは、おせちや精進料理などに欠かせない野菜のひとつ。見た目の大きな特徴は、何といっても穴が開いていること。今回は、その穴の役割など、思わず誰かに言いたくなるようなれんこんの雑学を紹介します。

れんこんのどこを食べている?

れんこんは、はすの地下茎が肥大した部分を食べる

はす(蓮)の、地下茎(根茎)が肥大した部分を食べます。漢字にすると「蓮根」と書きます。

れんこんの種類や産地は?

れんこんには太い中国種と細長い在来種がある

[種類]

れんこんは、明治以後に中国から入ってきた中国種と、日本在来種(明治以前に渡来したものを含む)に大別されます。

・中国種(上のイラスト奥)
ふっくらと太い。病気に強く収穫量が多いため、現在の主流。在来種に比べて粘り気が少なくシャキシャキとした食感が特徴。

・在来種(上のイラスト手前)
ほっそりと細長い。やわらかく粘り気が強いのが特徴。

[産地]

茨城県が全国の出荷量の約半数を占めています。第2位が佐賀県で、徳島県、愛知県、山口県が続きます(2019年度)。

れんこんに穴があるのはなぜ?

[酸素を取り入れるため]

れんこんの穴は、れんこんが呼吸をするために開いています。れんこんは、「蓮田(はすだ)」という泥沼の中で育ちますが、酸素を取り入れるために水上の葉とつながっており、穴を通して酸素を取り込んでいるのです。

れんこんの花は、なぜはすと呼ばれるの?

観賞用のはすは「花蓮」と呼ばれる

[名前の由来]

はすという名前は、花が咲いた後の実が入った花托(かたく)の表面が、蜂の巣に似ていることから、「蜂巣(はちす)」を略してはすになったといわれています。

[食用と観賞用がある]

はすには食用と観賞用があり、観賞用の多くは「花蓮(はなはす)」と呼ばれます。花蓮は、国内で約1000品種が記録されています。

れんこんの選び方や保存の仕方、下ごしらえのコツはコチラ

れんこんの切り方やあく抜きのコツはコチラ

れんこんをおいしく食べるレシピはコチラ

最後に

れんこんを食べる際、豆知識で食卓を盛り上げてみてはいかがでしょうか。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


野菜のQ&A
  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園