[ふきのレシピ]下ごしらえのコツとご飯がすすむ簡単レシピ2選

調理する

[ふきのレシピ]下ごしらえのコツとご飯がすすむ簡単レシピ2選

監修:

ふきは日本原産の山菜で、平安時代にはすでに栽培されていたといいます。独特の香りと苦味が持ち味で、おいしくいただくためには、丁寧な下ごしらえが必要です。その方法とレシピをご紹介します。

下ごしらえのコツ

ふきは葉と、葉柄(茎)の部分を切り分けて、別々に下茹でしてあく抜きをします。茹でた後に水にすぐつけることで、さらにあくが抜け、変色も防ぐことができます。葉柄が長い場合は、3分割くらいに切ります。

葉の下茹でとあく抜き

葉はあくが強いので、何度か湯を入れ替えながら茹でた後、水にさらします。

1.沸騰した湯に葉を入れ、30秒程度茹でて取り出します。湯を替えながら3、4回ほど同じ作業を繰り返します。

葉の下茹で&あく抜き:湯を替えながら3、4回ほど、沸騰した湯で30秒くらいを目安に茹でます

2.水を張ったボウルに浸し、さらにあくを抜きます。

葉の下茹で&あく抜き:水を張ったボウルに浸して、あくを抜きます

葉柄の下茹でとあく抜き

茎は長めに茹でて、水にさらします。

1.沸騰した湯に3等分に切った葉柄を入れ、透明感のある翡翠色になるまで、7~8分ほど茹でてから取り出します。

葉柄の下茹で&あく抜き:沸騰した茹で、透明感のある翡翠色になるまで7~8分ほど茹でます

2.水を張ったボウルに、10分ほどさらしてさらにあくを抜きます。途中で水がぬるくなったら、水を入れ替えます。

葉柄の下茹で&あく抜き:水を張ったボウルに10分ほどさらしてあく抜きします

葉柄の調理時のコツ

ふきの葉柄は筋があるので、調理前に取り除きます。

・筋取り

葉柄に太い筋がある場合は、写真のように根元に刃を入れ、上に引っ張るようにして取り除きます。

葉柄の筋取り:包丁で筋を上に引っ張るようにして取り除きます

・斜め切り

葉柄に斜めに包丁を当てて、引き切ります。断面を大きくすることで、味が中までしみ込みやすくなります。

葉柄の切り方:斜め切りにすることで断面が大きくなり、味がしみ込みやすくなります

簡単!ご飯がすすむふきの絶品レシピ

葉と葉柄を使ったご飯によくあうレシピをご紹介します。

ふきは、佃煮や炒め物以外にも、みそ漬けやピクルスなどにするのもおすすめ。毎日の食卓の常備菜として、その香りや風味を楽しみましょう。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2018.07.03

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
参考文献:
『内田悟のやさい塾春夏』内田悟著(メディアファクトリー)
『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』白鳥早奈英・板木利隆監修(高橋書店)
出典:
農畜産業振興機構「野菜図鑑」(ふき)

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園