[オクラの生食]下ごしらえと、生オクラを使ったおすすめレシピ

調理する

[オクラの生食]下ごしらえと、生オクラを使ったおすすめレシピ

監修:

オクラといえば、加熱して食べることの多い野菜ですが、実は生でも食べることができます。そこで、生食に適した新鮮なオクラの見分け方や下ごしらえのポイント、生のオクラを使ったおすすめレシピを紹介します。

新鮮なオクラの見分け方

生で食べる場合は鮮度が大切。見分けるポイントを覚えておきましょう。

新鮮なオクラはうぶ毛が密生しヘタの角が張り、切り口が変色していない
  • 色が濃すぎず、表皮のうぶ毛が密生している。
  • ヘタの角がしっかりと張っている。
  • ヘタの切り口が変色していない。

下ごしらえのポイント

オクラの下ごしらえは、たったの2ステップ。簡単で、口当たりも良くなります。

●ヘタの周りをむく

ヘタの周囲を、写真のように薄くむきます。

下ごしらえではまずヘタの周囲を薄くむく

●うぶ毛を取る

塩をまぶしてこすり合わせ、うぶ毛を取ります。

塩をまぶしてうぶ毛を取る

生オクラを使ったおすすめレシピ

下ごしらえした生のオクラを使った、おすすめのレシピを紹介します。

最後に

オクラは、加熱調理だけでなく、生でもおいしく食べることができます。正しい下ごしらえを覚えて、生のオクラで暑い夏を乗り切りましょう。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2018.07.25

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ
参考文献:
『新・野菜の便利帳』板木利隆監修(高橋書店)
『改訂9版・野菜と果物の品目ガイド』(農経新聞)
『[カラー版]世界食材辞典』杉田浩一・村山篤子監修(柴田書店)
北海道ぎょれん(オクラと昆布のみぞれあえ)
JAグループ(オクラと柚子のサマースムージー)

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園