[鮭のちゃんちゃん焼きレシピ]簡単で野菜もたっぷり摂れる!

調理する

[鮭のちゃんちゃん焼きレシピ]簡単で野菜もたっぷり摂れる!

監修:

野菜がたっぷり摂れて、簡単に作れる鮭のちゃんちゃん焼きと、味を変えたいときのアレンジタレのレシピを、料理研究家の高城順子先生に教えていただきました。

キャベツ、タマネギと一緒に!定番の鮭のちゃんちゃん焼きレシピ

フライパンひとつで作れる簡単レシピです。

材料(2人分)

  • キャベツ:1/4個(約300g)
  • タマネギ:小1/2個(約60g)
  • にんじん:1/4本(約50g)
  • しめじ:1/2パック(約60g)
  • 鮭(生・皮つき):2切れ
  • 塩・こしょう:適量
  • バター:大さじ1

[A]

  • みそ:大さじ2と1/2
  • 酒:大さじ2
  • 砂糖:大さじ1
  • みりん:大さじ1/2

このレシピで1人分約235gの野菜が摂れます。

作り方

  1. 鮭に塩、こしょうをふっておく。キャベツはざく切り、タマネギは約1cm幅に切る。にんじんは約5cm長さの短冊切りにする。しめじは石づきを取り、小房に分ける。
    キャベツはざく切りにする
  2. 熱したフライパンにバターを入れ、鮭の皮面を下にして中火で焼き色がつくまで焼き、返して表面も焼いたら取り出す。
    バターを入れたフライパンで鮭を焼く
  3. 2のフライパンに、1の野菜を入れてさっと炒めたら、鮭を戻し入れ、混ぜ合わせたAを回し入れたら、蓋をして3~5分中火で蒸し焼きにする。
    野菜をさっと炒めたあと鮭と調味料を入れ、蓋をして蒸し焼きに
  4. 鮭と野菜に火が通ったら器に盛り、鮭の身をくずしながら野菜と混ぜ合わせる。
    器に移して鮭の身をほぐし野菜と混ぜる

鮭のちゃんちゃん焼きのアレンジタレ

いろいろな味が楽しめるタレのレシピです。混ぜ合わせたら「定番の鮭のちゃんちゃん焼き」の3の工程でフライパンに加えます。 

●豆板醤タレ

ピリ辛の味噌でビールが進みます。

豆板醤タレのレシピ

材料

  • 味噌:大さじ2
  • 豆板醤:小さじ1/3
  • 酒:大さじ2
  • 砂糖:大さじ1
  • みりん:小さじ1

作り方   

材料を混ぜ合わせれば完成。

●チーズ+生クリームタレ

チーズや生クリームを加えて洋風のちゃんちゃん焼きに。

チーズ+生クリームタレのレシピ

材料

[A]

  • 味噌:大さじ2
  • 酒:大さじ1
  • 砂糖:大さじ1
  • みりん:小さじ1
  • 生クリーム:大さじ1
  • 溶けるチーズ:10g

作り方   

  1. Aを混ぜ合わせる。
  2. 1に生クリームを入れ、溶けるチーズを入れる。

●ショウガのすりおろしタレ

ショウガでさっぱりとした味わいに。

ショウガのすりおろしタレのレシピ

材料

  • 味噌:大さじ2
  • 酒:大さじ2
  • 砂糖:大さじ1
  • みりん:小さじ1
  • ショウガ(すりおろし):大さじ1/2

作り方   

材料を混ぜ合わせれば完成。

最後に

冷蔵庫に残っている野菜とアレンジタレで、オリジナルの鮭のちゃんちゃん焼きを楽しんでください。

高城順子

高城順子

料理研究家・栄養士

女子栄養短期大学食物栄養科卒。和・洋・中華料理の専門家に師事した後、料理教室の講師を経て、フリーの料理研究家に。研究途上、栄養学の見地から野菜や果物のより有効な活用を思い立ち、エスニック料理の真髄を学ぶために東南アジア諸国を訪問。そこで習得した「美味しい健康食」の料理法をまとめ、発表した『くだものと野菜のヘルシークッキング』は、各方面から評価を得る。
入手しやすい材料からちょっとした工夫で作る料理や、化学調味料を使わない素材を生かした家庭料理が人気。テレビをはじめ、多数の雑誌で料理を発表し続けるとともに、新しい時代の食文化啓蒙活動にも力を入れている。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2021.11.05

文:アーク・コミュニケーションズ
写真:清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
監修:高城順子、カゴメ

野菜のQ&A
  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園
野菜のQ&A