[にんじんしりしり本場直伝レシピ]卵とからむ甘みがたまらない

調理する

[にんじんしりしり本場直伝レシピ]卵とからむ甘みがたまらない

監修:

沖縄料理のひとつ、にんじんしりしり。作ったことのある方も多いのではないでしょうか。にんじんのレシピのなかでも、特に人気が高いしりしりを、本場宮古島のレシピで味わってみませんか?にんじん嫌いのお子さまでも食べられる、本格にんじんしりしりのレシピを紹介します。

本場のしりしり、何が違うの?

宮古島の本格にんじんしりしりは、材料に「島にんじん」「雪塩(※)」「なまり節」を使います。島にんじんは、チデークニとも呼ばれる、冬が旬の沖縄在来のにんじん。黄色くて、ごぼうのように細長い形が特徴です。雪塩はサラサラとした粉雪のような塩。含まれている成分が多く、味を濃く感じることから、調節して使います。なまり節はかつお節の製造途中のもので、しりしり以外にも煮物やサラダ、またそのまま食べることもできます。

「雪塩」は株式会社パラダイスプランの登録商標です。

宮古島式「にんじんしりしり」のレシピ

島にんじん、雪塩、なまり節などの固有の材料は、沖縄のアンテナショップなどで手に入りますが、入手できない場合は、一般的に出回っているにんじん、塩、かつお節を使うようにしてください。

にんじんしりしりの材料

材料(2人分)

  • 島にんじん(にんじん):200g
  • なまり節(かつお節):ひとつかみ
  • 卵:2個
  • 雪塩(塩):少々
  • ごま油:少々
  • 醤油:香り付け程度(2滴ほど)
  • 和風だしの素(顆粒):少々
  • 和風だし(和風だしの素を少量の水で溶いたもの):少々

<トッピング>

  • かつお節:ひとつかみ(お好みで)
  • 小ネギ:少々(お好みで)

作り方

  1. 島にんじんの皮をむいて、スライサー(※)で切る。スライサーがない場合は、包丁で千切りしてもよい。
    アンテナショップなどで購入が可能な、「しりしり器」という専用の道具もあります。
    にんじんをスライサーで切る。包丁で千切りしてもOK
  2. 1をさっと洗い、ザルにあけておく。
  3. 熱したフライパンにごま油を入れ、2を中火でよく炒める。
    熱したフライパンにごま油を入れ、千切りにしたにんじんを炒める
  4. 3に雪塩を加えてさらに炒め、顆粒の和風だしの素となまり節を加える。
    雪塩を加えて炒め、顆粒の和風だしの素、なまり節を加える
  5. 4に醤油を入れ、水で溶いた和風だしの素を加える。
    醤油と、水で溶いた和風だしの素を加える
  6. にんじんがしんなりとしてきたら、とき卵を入れて蓋をして10秒ほどで火を止める。
    溶き卵を入れて蓋をし、10秒ほどで火を止める
  7. 器に盛り、お好みでかつお節と小ネギをトッピングして完成。
    お好みでかつお節と小ネギをトッピングする

最後に

にんじんをたくさん食べられるにんじんしりしり。せひ一度、本場の味を試してみてください。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2019.09.19

文:アーク・コミュニケーションズ
写真(撮影):清水亮一(アーク・コミュニケーションズ)
写真(撮影協力):吉田めぐみ
監修:カゴメ

参考文献:
『新・野菜の便利帳 おいしい編』板木利隆監修(高橋書店)
出典:
株式会社パラダイスプラン 宮古島の雪塩(雪塩の特徴)
国立研究開発法人水産研究・教育機構 中央水産研究所(なまり節の製造)
総務省 静岡県の農林水産業(なまり節の食べ方)
宮古島観光協会青年部 宮古島流!美味しいにんじんしりしりの作り方!
宮古島 居酒屋「郷家(ごーや)」(レシピ提供)

  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園