れんこんの食感が決め手!たらこパスタとリメイクサラダのレシピ

調理する

れんこんの食感が決め手!たらこパスタとリメイクサラダのレシピ

監修:

野菜と合わせてもおいしいたらこ。料理研究家の高橋千帆さんに、たらことれんこんのパスタと、パスタソースをアレンジした里芋のサラダレシピを紹介していただきます。

サクサクれんこんのたらこパスタ

サクサクとしたれんこんと、プチプチしたたらこの食感が楽しいパスタです!

材料(2人分)

  • スパゲティ:160g

<たらこソース>

  • れんこん:80g
  • ネギ:30g(手に入れば下仁田ネギで)
  • たらこ:1腹(約55g)
  • オリーブオイル:大さじ2
  • 塩:ひとつまみ
  • 醤油:小さじ1弱
  • バター:小さじ1
  • スパゲティの茹で汁:適量
  • バジル(飾り用):2~3枚(お好みで)

作り方

  1. 鍋に水(2リットル:分量外)と塩(大さじ1:分量外)を入れ、火にかける。
  2. たらこは皮を取り除き、ボウル(茹でた麺とたらこをあえることのできる大きめのサイズのもの)に入れておく。
  3. 1が沸騰したら、スパゲティを茹でる(購入したスパゲティの茹で時間より1分少ない時間で茹でる)。
    茹で汁は捨てずにとっておく。
  4. れんこんは拍子切り、ネギは粗みじん切りする。
  5. フライパンにオリーブオイルを熱し4を入れて、塩を加えたら弱火でじっくり炒める。ネギがしんなり柔らかくなったら、醤油、バターを加え中火にする。
  6. 5のバターが溶けて香りが出てきたら、スパゲティの茹で汁を加え混ぜる。
  7. 茹でたスパゲティを加え1分ほど混ぜて全体をなじませたら、火を止め、2のボウルに入れてたらこを混ぜ合わせる。
  8. 皿に盛り付け、お好みでバジルを飾る。
サクサクれんこんのたらこパスタのレシピ

里芋とたらこのサラダ

ねっとりとしながらもサクサクとした面白い食感で、お弁当のおかずとしてもオススメのサラダです!

材料(4人分)

  • 里芋(大):4~5個(約200g)

<たらこソース>
「サクサクれんこんのたらこパスタ」の工程4・5に、皮を取ったたらこを合わせたもの

  • マヨネーズ:大さじ2/3~1(お好みで加減する)
  • 粗挽きこしょう:適宜
  • しそ(大葉):お好みの量

作り方

  1. 里芋は皮付きのままよく洗い、水気を拭かずに耐熱皿にのせ、ふんわりとラップをして電子レンジ600Wで8~10分ほど加熱する(様子を見ながら、里芋がやわらかくなるまで加熱する)。
  2. 熱いうちに1の皮をむき、木べらで潰しておく。
    やけどに注意してください。
  3. 2を少し冷まし、たらこソースを加えよく混ぜ合わせる。
  4. 味見をしながら、マヨネーズをお好みの分量で加え、さらに混ぜ合わせる。
  5. 器に盛り付け、粗挽きこしょうをふり、千切りにしたしそをのせる。
里芋とたらこのサラダのレシピ

最後に

食感も楽しめるおいしいたらこパスタとサラダを、ぜひ試してみてください。

高橋千帆

高橋千帆/Chiho Takahashi

料理研究家/ベジタブル&フルーツアドバイザー

1980年、北海道生まれ。二女の母。調理、菓子の学校を卒業し、ベーカリー、パティスリー、カフェ、紅茶専門店など、さまざまな菓子と料理の経験を重ねる。2007年より、インターネット販売、店舗PR用の菓子製作など、菓子を中心とした活動に従事。その後、出産、子育てを経て、菓子、料理に関わる活動を再スタート。現在は、料理家たかはしよしこ氏の「エジプト塩」スタッフとしても活躍。日々おいしい料理を研究中。
Instagram
写真:矢部ひとみ

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


最終更新:2020.01.15

文・写真:高橋千帆
監修:高橋千帆、カゴメ

野菜のQ&A
  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園