野菜は入れるor入れない?地域でこんなに違うお雑煮

調理する

野菜を調理する

野菜は入れるor入れない?地域でこんなに違うお雑煮

監修:

お雑煮は、それぞれの郷土の特産品や餅をひとつの鍋で煮た料理です。そのため地域によって具材、汁、餅に、さまざまな個性があります。全国各地のお雑煮を解説します。

お雑煮は地域の特産品と餅を入れた祝いの食事

お雑煮は、もともと京都で生まれたもので、味噌のすまし汁で味付けをしていたものといわれています。室町時代には貴族や武家など上流階級の間で、縁起のよい食事、祝いの食事として定着していき、元禄時代には庶民にも広まったようです。
当時、米や米から作られた餅は庶民にとって大切な食べ物であり、祝いごとや祭りごとなどの際に、神様にお供えしてありがたく一緒にいただいた「神人共食」がいまのお雑煮の原型。そこからハレの日の食事である、正月の料理として定着しました。
また、その地域を代表する名産品も神様に捧げられていたため、地域ごとに異なる特徴が生まれたといわれています。

関東、関西など地域で違うお雑煮の汁、具材、餅

お雑煮に入れる具材は地域によってさまざま

大根、にんじん、鶏肉は全国のお雑煮の多くに使われていますが、この他にも入れる具材、味付けは地域によってさまざま。使う野菜、だしのベース、汁、餅についてエリア別に紹介します。

関東、関西は以下のように分けています。
【関東1】埼玉・千葉・東京・神奈川
【関東2】茨城・栃木・群馬・山梨・長野
【近畿1】京都・大阪・兵庫
【近畿2】奈良・和歌山・滋賀

【使う野菜】

  • 三つ葉:北海道、関東2、北陸 など
  • セリ:東北 など
  • 小松菜:関東1 など
  • もち菜:東海 など
  • 水菜:近畿1 など
  • ほうれん草:近畿2、中国 など
  • かつお菜:北九州 など
  • 京菜:南九州 など

【だしのベース】

  • かつお節などの魚介類:東海および中国より西の地域 など
  • 鶏などの肉類:東北地域 など
  • 昆布などの海藻類:北海道、北陸、九州 など
  • 野菜や干し椎茸などのきのこ類:九州 など

【汁】

  • すまし汁:北海道、東北、関東1・2、北陸、東海、中国、九州 など
  • 味噌:近畿1・2、四国 など

【餅の形】

  • 角餅:北陸、東海より北 など
  • 丸餅:近畿より西 など

【餅の調理法】

  • 焼く:関東より北 など
  • 茹でる:北陸、中国、北九州地域 など
  • そのまま入れる:東海、近畿1・2、四国、南九州 など

全国の変わり雑煮を紹介

いろいろなお雑煮の中から、特徴的なお雑煮3つを紹介します。

●つゆもち(福島県会津地方)

福島県会津地方のつゆもち

細切りにした大根やごぼう、にんじんを醤油ベースのつゆで仕上げたシンプルなお雑煮です。

●小豆雑煮(鳥取県、島根県)

鳥取県、島根県の小豆雑煮

小豆雑煮とは、小豆とその煮汁にやわらかく煮た丸餅が入ったものです。昔は塩味でしたが、今はおしるこ風の甘い味付けが主流です。

●さつま雑煮(鹿児島県)

鹿児島県のさつま雑煮

エビだしが使われるのが特徴です。鹿児島県の出水沖は、エビがたくさん漁れる地域で身近な食材だったことが影響しています。鶏肉のほか、野菜は里芋、干し椎茸、豆もやしなどが入ります。

最後に

いつものお雑煮のほか、全国にあるいろいろなお雑煮を楽しんでみてください。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


野菜のQ&A
カゴメのオススメ記事
  • 野菜の種類
  • 野菜の栄養・効果 効能
  • 野菜を選ぶ・保存する 野菜の選び方、野菜の味、野菜の消費期限
  • 野菜を調理する 野菜の切り方、野菜の下ごしらえ
  • 野菜を育てる 野菜の栽培方法、家庭菜園