[とうもろこしの選び方]おいしさの決め手はヒゲの色と数!?

選ぶ・保存する

[とうもろこしの選び方]おいしさの決め手はヒゲの色と数!?

監修:

調理するときに捨ててしまうとうもろこしのヒゲ。実は、そのヒゲには、重要な秘密があるのをご存じでしたか?今回は、とうもろこしやヒゲにまつわる興味深い話を紹介します。

とうもろこしっていつから食べられているの?

とうもろこしは紀元前7000年ごろにすでに作られていた

[原産]

原産地はメキシコとボリビアと推定されており、紀元前7000年頃(日本は縄文時代)にはすでにメキシコで栽培されていたといわれています。アメリカからヨーロッパ、中国を経て、日本にはポルトガル人が1579年(天正7年)に長崎から伝えたと言われています。

[名前の由来]

とうもろこしは、漢字で「玉蜀黍」と書きます。これは、「粒が玉のような蜀黍(もろこしきび)」という意味。中国の三国時代、蜀(しょく・もろこし)の国の黍(きび)ということから、当初は「もろこしきび」と名付けられました。

[糖度]

一般的な食用とうもろこしである「スイートコーン」は、糖度によって2種類に大別されます。
・スイート種:糖度17程度あるものも(ぶどうに匹敵)
・スーパースイート種:スイート種以上に甘いもの

ヒゲが決め手!とうもろこしの選び方

ヒゲの数が多いほど粒がたくさんあり、褐色のものほど熟している

[ヒゲの本数が多いほうが…?]

粒がぎっしりなんです。とうもろこしのヒゲは芯から生えているのではなく、1粒1粒から1本ずつ生えている、雌しべ。ヒゲに花粉が付くことで受精し、粒が大きく成長します。ヒゲの本数と粒の数は同じであるため、ヒゲの本数が多いほど、たくさん粒があるとうもろこしといえます。

[ヒゲの色は…?]

褐色のものが、よく熟している証拠。白いヒゲのものよりも甘みが増しています。

生食できるとうもろこしや、食べる部分による甘さの違いについてはコチラ

最後に

とうもろこしの秘密を知って、おいしいとうもろこし選びに役立ててください。

毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY


野菜のQ&A
  • 種類
  • 栄養・効果 効能
  • 選ぶ・保存する 選び方、味、消費期限
  • 調理する 切り方、下ごしらえ
  • 育てる 栽培方法、家庭菜園