[ブロッコリー]選び方とおいしく食べるための保存方法

種類

野菜の種類

[ブロッコリー]選び方とおいしく食べるための保存方法

監修:

濃い緑色が鮮やかなブロッコリーは、β-カロテン、ビタミン、食物繊維などを豊富に含む、栄養満点の万能野菜。最近では通年でスーパーに出回っており、サラダや炒めものにはもちろん、お弁当にも重宝します。寒くなるにつれて甘みが増し、11~3月までが旬です。

栄養素

  • ビタミンB6
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 食物繊維 など

旬・産地

旬は10~翌年3月。寒くなるにつれて甘みが増します。冷涼な気候を好み、夏は北海道や長野などで、冬から春は関東以南の暖地で栽培され、周年供給されています。

選び方

おいしいブロッコリーを選ぶポイント①

おいしいブロッコリーを選ぶポイント①

花蕾(つぼみ)がかたくしまっていて、こんもりと丸く盛り上がった形のものを選びましょう。上から見て緑色が濃く、花蕾の粒がそろっているのもポイントです。

おいしいブロッコリーを選ぶポイント②

おいしいブロッコリーを選ぶポイント②

写真左のように、茎の切り口がみずみずしいものを選びましょう。中心までみずみずしいものは、柔らかく甘みがあります。

スとは、成長しすぎなどが原因で、内部が割れてできてしまった空間(亀裂)のこと。

保存方法・期間

生のまま保存する場合

茹でずに調理する場合(中華など)や、生のまま保存するときは、表面の水分をよく拭き取り、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。茎を下向きに立てて入れましょう。

茹でてから保存する場合

新鮮なうちに茹でて、密閉容器に入れて冷蔵保存し、2~3日以内に使いきりましょう。すぐに食べない場合は、重ならないように平らに広げて保存袋に入れ、冷凍保存します。

下ごしらえのコツ

ブロッコリーの切り方

部位や料理にあわせて切り方を工夫すると、異なる食感を楽しめます。

ブロッコリーの切り方

① ひし形切り:炒めもの、スープの具
② 短冊切り:炒めもの、酢味噌あえ
③ 縦1/2カット:スティック野菜、炒めもの、肉巻き
④ 拍子切り:炒めもの、スティック野菜
⑤ さいの目切り:スープのうきみ、ポテトサラダ、チャーハンの具

花蕾

⑥ 小房、花蕾を一つずつばらばらに:スープ、サラダ、かき揚げの具、パスタの具
⑦ 1/4カット:和えもの、ソテー
⑧ そのまま1個、または1/2カット:シチューやカレーの具、お弁当の具

ブロッコリーの茹で方

  1. 葉を取り除き、太い茎の部分で切り離して洗う。
  2. 花蕾は小房に分け、茎はスの入った部分とかたい皮を切り落とす。
  3. 鍋に湯をわかし、塩(1~2%)を加える。茎を先に入れ、1~2分たったら花蕾部分を茹でる。
  4. 緑色が鮮やかになり、茎に竹串を刺して通るくらいにやわらかくなったら(約3~4分)、取り出して冷水に浸して冷ます。冷めたらザルにあげ、花蕾が含んだ水分をしっかりと切る。

ポタージュにする場合

香味野菜といっしょに煮込んで、柔らかくなったらミキサーにかけます。ポタージュにすると、栄養を余すことなく摂取できます。


写真:小林友美
制作・監修:カゴメ
参考文献:『新・野菜の便利帳』板木利隆監修(高橋書店)
出典:
農林水産省 平成26年産野菜生産出荷統計(産地)
独立行政法人農畜産業振興機構
「今月の野菜」ブロッコリー(寒さに当たると紫色になる)
野菜ブック「ブロッコリー」(周年供給)
「日本食品標準成分表」「日本人の食事摂取基準」「国民健康・栄養調査」の数値は記事初出時の最新データを参照しています。これら数値は変更になることがありますので、記事を活用いただく際には最新の数値をご確認ください。


毎日の生活を野菜で楽しく、
カゴメが運営する野菜専門メディアVEGEDAY

最終更新:2022.03.17

カゴメのオススメ記事
  • 野菜の種類
  • 野菜の栄養・効果 効能
  • 野菜を選ぶ・保存する 野菜の選び方、野菜の味、野菜の消費期限
  • 野菜を調理する 野菜の切り方、野菜の下ごしらえ
  • 野菜を育てる 野菜の栽培方法、家庭菜園